山伏オートキャンプ場
2016/10/15(土)〜16(日)
長男バースデーキャンプ♪
いつもの二家族で山伏オートキャンプ場へ行ってきました。
初の道志エリアです。
→続きを読む ・・・more
【2016/10/15 11:16 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
那須
2016年9月2日〜4日
夏休み最後の旅行の行き先は那須高原。山の登りに挑戦したり、滝に感動したり。
→続きを読む ・・・more
【2016/09/05 16:47 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:オートリゾートパーク ビッグランド
2016/7/16〜18
海の日の三連休、初のソロキャンプ(家族単体)に出かけました。
そして、我が家のキャンプ20回目記念でもありました。
そして、ハンモックデビューでもありました。

いろんな意味で想い出深い旅となった今回のキャンプ。
直前に決めたため人気キャンプ場はのきなみ空きなし。しかしビッグランドはたまたまキャンセルが出たタイミングだったため、予約する事ができました
→続きを読む ・・・more
【2016/07/18 22:04 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
初サーフィン もどき
IMG_1310_600.jpg

IMG_1306_600.jpg


【2016/07/09 09:55 】
| 息子たち 2010年〜 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ハンモック購入へ向けたあれこれ
海の日の三連休に、めずらしく我が家単独で二泊キャンプに行く事になりました。
なぜ単独かというと、行こうと決めたのが遅かったので、行きたいキャンプ場はのみなみ埋まっており2サイト以上押さえられなかったのです。

さて、キャンプ用品の物欲も一段落していたのですが、急に欲しくなってしまったモノが。
それがハンモック。

→続きを読む ・・・more
【2016/07/07 19:53 】
| ∟キャンプギア | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場
2016/6/25〜26
今月二回目のキャンプ。
梅雨時期はとにかく天気予報とにらめっこですが、2016シーズンの我が家はかなりツイております。
今回も予報を覆しての晴れ

三家族の予定が、一家族の大黒柱が体調を崩してしまい泣く泣くキャンセル。二家族でのキャンプとなりました。
向ったのは、ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場
施設ピカピカの高規格キャンプ場です。
さらに!レンタルテントおよびタープは設営をして頂けるという。さらにさらに撤収も不要!!
初めてキャンパーや時間を有効活用したいときにはもってこいですね。
ウッドデッキサイトが人気でそちらは盛況でしたが、我々が利用したA5、A6サイト周辺はガラガラ。A〜Bは利用者ゼロのため、広々遊びたい放題でした。
IMG_1280_400.jpg

設営を終えて、川遊びへ。急坂を下ると大きな石がごろごろしている河原です。
水はとてもきれいで冷たいです。オタマジャクシやなにかの稚魚をとったり水鉄砲をしたりしましたが、ジャブジャブ入るにはかなり寒そう。
一緒に遊びすぎて写真一枚も撮れませんでした。

さて、夕飯は、我が家の新アイテム、ステンレスダッチオーブンで、チキンの丸焼きです。
いつもお友達のダッチオーブンでやってもらっていたので初しきり。
じゃーん。
IMG_1279.jpg
もちろん美味でした。
子供たちは、カレー作りを任せてみましたが・・・野菜を切るくらいで飽きてしまい煮込みは親任せ。でもとてもおいしくできました。アウトドア効果ですね。

夜は管理棟前で花火をして、大人たちは周囲にだれも宿泊していないのをいいことに1時頃まで酒飲み歓談しておりました。

翌朝、どこかのお兄ちゃんが捕まえたというミヤマクワガタをくれました。立派なクワガタです。
IMG_1285.jpg

チェックアウトが10時と早いので、レイトチェックアウト申請し、残った食材をを食べたり引き続き遊んだり。
それでもまだまだ遊び足りない子供たちは、帰り道の途中温泉に行こうだの道の駅でアイスクリーム食べようだの、とにかく別れたくないのです。翌日も幼稚園で会うくせにまいどこんな感じ。(笑)

そんなわけでずーっとなんとなく一緒に走り高速道路では並走してみたり(ちょっとだけね)、それはそれで楽しい帰路でした。
今回も楽しいキャンプであったことに感謝!

おしまい
【2016/06/26 16:26 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:バウワーハウス
2016/6/11〜12
西丹沢 バウワーハウス
3家族の予定でしたが、1家族は体調不良により残念ながらキャンセルとなってしまいました。(涙)

1-IMG_1245.jpg

梅雨時期のキャンプはとにかく天気を祈るばかり。今回は祈り通じてすばらしい快晴でした。
昼間は半袖でも汗ばむほど。夜〜朝は私や息子はフリースを着てちょうどよかったですが、半袖のままでも寒くないという人もいて、いずれにせよ寒すぎる事はありませんでした。

チェックインは10時〜ととてもありがたいキャンプ場。しかし東名事故渋滞により、8時頃出発したものの到着したのはかなり遅れて12時頃。

IMG_20160613_164758_400.jpg
サイトは下流側の川沿い。奥行きのとても広いサイトで、テント2張り+タープでもかなり余裕の焚き火スペースが出来ました。
下は小砂利。こどもたちが裸足で遊んでも泥と違って汚れないし水はけもよいし、砂利LOVE。

お隣の2番サイトにはちょうど設営中のファミリーが。
すると長男が「あれ、○○ちゃん家じゃない?」とお友達の名前を言ったのです。そうだね似てるねーなんて軽く返しつつテントや車などよーく見てみると、あれれれ?!本当にそうでした。
偶然となりサイトだったなんて、お互い久しぶりのキャンプ場での再会に喜び、子供たちも早速遊びだしました。

今回は川が目の前のサイトということもあり、子供たちは川へ行ってみたくてウズウズ。私も早く遊びたい。
とりあえずテントだけ設営してタープはろっしーに丸投げしさっそく川遊びです。
水は澄んでいてでとっても冷たい!おたまじゃくしがたくさんいましたが、あまりにきれいすぎるせいかザリガニやタニシなどはいませんでした。魚をガサガサできるような水草もなく。
でも子供にはそれでも十分。おたまじゃくしを捕まえたり水の中をどんどん歩いて探検したりカエルを捕まえたり水鉄砲で遊んだり。

IMG_1228_453.jpg

一通り遊んだら夕食準備。
今晩は贅沢メニュー。ふるさと納税でゲットした大きな生伊勢エビを4尾使ったビスクです!
まるで生きているかのような立派な伊勢エビの姿を写真に収めたかったけれど、さばくのに手がぐちゃぐちゃ生臭くとてもカメラは持てませんでした。
クリーミーでお出汁がよく出ていてとっても美味でした。
そしてバーベキュー、アサリとマッシュルームの一品、ナン焼き、焼きリンゴ、マシュマロ、などなどかなり満足度の高い食事を終え、次は今回の目的の一つにとりかかります。

それはホタル鑑賞。

サイトの目の前で見れたら理想でしたが、それはなく、しかもキャンプ場のおじさんに聞いたところ昨日までは見られていないとのガッカリ情報だったのです。
しかし今日は気温も上がるので飛び出すかもしれないとのこと。少し離れたポイントで見れるとの事なので場所を教えて頂き夜のお散歩に出かけました。
真っ暗な道路をあるいていくと・・・人のにぎわう雰囲気とともに蛍光緑色の光がふわふわと。
ホタルがたくさん飛んでいました!

1-IMGP9888_660.jpg
↑今回ホタルに備えて三脚を持参したのにこのお散歩に持っていき忘れるという失態。しかし柵を利用してなんとかチャレンジしてみました

幻想的。本当にきれいでした。しかも近い。
ホタルって人から逃げないばかりか人なつこいのか、一旦手乗り状態になるとずーっと手の上にいてくれてきれいな光を放っていました。
長男もそっと一匹を捕まえ、その子はずっと逃げずに手の上にいるものだから蛍鑑賞を終えてサイトに戻るところまで来てしまいました。

翌朝。
IMG_1244_400.jpg

チェックアウトは12時。ありがたい設定時刻です。
ホットサンドを食べ終わるとまたすぐ川へ。
川ですが、深さは場所によりけりで、流れの速さも場所によりけりです。5歳の長男はほぼ一人で遊べるくらいの川でした。

IMG_1272_300.jpg
お友達が持ってきてくれたスイカを川で冷やしてスイカ割り!
割れたあとはすごい勢いで4人の子供のお腹におさまってしまい、大人は一口も食べられませんでした。

バウワーハウスは私の中でかなりお気に入りのキャンプ場となりました。
炊事場は広さ十分で全ての蛇口からお湯がでます。洗剤は各シンク置いてあり、よく油も落ちます。(これ重要)
トイレは3室あり紙は流せませんがとても清潔、鏡もあり。
ゴミ捨て場も炊事場なので楽ですし時間の制限はありません。
チェックインが早くチェックアウトが遅めなのでゆったり過ごせます。
時期のせいかはわかりませんが、虫もほとんどいませんでした。

帰りは通り道の看板で見つけた「酒水の滝」に立ち寄って帰りました。

IMG_1276_360.jpg

ほかにも色々所用を済ませたりで19時頃の帰宅となりましたが、今回もお天気のおかげでシュラフもテントもタープもカラッカラ。助かります。

バウワーハウス、また来たいです。

IMG_1236_500.jpg

おしまい
【2016/06/12 21:05 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:山逢の里
2016/5/4〜5/5
GW、うかうかしているうちに行きたかったキャンプ場はのきなみ空きなし。
しつこく一泊分さがしあてたのが、今回訪れた、秩父の「山逢の里キャンプ場
HPなどでの情報が少なかったので若干不安でしたが、とってもよいキャンプ場でした。

13時チェックイン。GWのわりに関越も空いていましたが、下道をチョイスしのんびりドライブしつつ向います。
事前予報はまたも雨でしたが、今回もみごとに覆し、朝のうちに雨はやみすっかり快晴に。新緑がまぶしくとても気持ちいい。

12:30頃到着しましたが入れてもらえました。
2家族8名。サイトは14、15。

IMG_1175.jpg

広いサイトに慣れていたことと、区画の仕切りがわりとしっかり分かれていたので、テント2張り、タープ1張りがちょっときつく感じました。
とはいえスムーズに設営ダン。
我が子はというと、非スムーズな出だし。お友達が持っていた虫網と虫かごを自分が持っていないことが悔しくて怒り泣き。ハイテンションなエネルギーが負の方向へ向かうとほんとやっかいです。
しかし単純男子。しばらくするとケロっとぎゃははと悪ふざけ。母つかれる。。

それはさておき、設営後は一休みしてカンパイ♪
そして吉田川へ向います。

IMG_1108_600.jpg

1-IMG_1114.jpg

川遊びが出来る事を失念しており、我々家族だれもサンダルを持っていないという事態。
裸足で遊びましたが、足ツボ効果満点。
息子たちは痛くないのか楽しさが上回るのか、夢中で遊びました。
春なので生き物がたくさんいました。オタマジャクシ、ヤゴ、イトトンボ、そのほか得体のしれない生き物が多かったです。水中も地上もちょっとグロテスク。
春、生き物の誕生シーズンだからか、全体的に虫がかなり多い印象でした。しかしブヨや蚊などさす虫はいませんでした。

川で夕方まであそんだら夕食準備。
焚き火台二台使いで、ダッチオーブンでのチキンご飯詰めと、バーベキューです。
バーベキューの一品でマッシュルームにクリームチーズをのせたものにベーコンを巻いたものを作ってみました。返すとチーズがたれてしまいちょっとうまくいかなかったけれど味はとても美味しかったです。
そしてもちろんチキンライスも美味。
そしてそして子供リクエストによる焼きリンゴ。柔らかくてとてお美味しかった。
良い炭でとても長持ちしたけれど焼くものが先になくなってしまいました。

焚き火に移行する前に夜の探検。キャンプ場から場外へ続くまっくら道では星空がとてもきれいにみえました。そしてちょっとした肝試し気分。
上の子たちは22時まで粘りました。

ところで最近アルコールを飲むとすぐ頭痛がしてあまり飲めなくなりました。
なので痛み止めを飲みつつ、そして元気になってまた飲むという。そうしてまで飲みたくなってしまうのが焚き火タイムですね。

翌朝は、ハニートーストなどとソーセージ、トマト、昨夜の残り。
快晴ぴかぴかで、テントもカラカラに乾きます。寝袋も干して気持ちよい事この上無し。

1-IMG_1121_660cr.jpg

11時チェックアウトしたあとは、近くの秩父ミューズパークへ。
6人乗り自転車を予約し、時間までPICA秩父のレストラン(これはちょっと失敗)でランチし、おもしろサイクルで時間をつぶし、いよいよサイクリングへ。6人乗り一台と一人乗り二台。
南口から北口への道のり、普段電動自転車に慣れすぎているせいかかなり長くしんどく感じました。
北口のローラー滑り台などがある公園で存分に遊び子供たちも満足。

帰り際にPICA秩父の温泉に寄って、(その駐車場で一旦出した水タンクをうっかり忘れてしまいました(><))武蔵村山あたりの食道に寄って帰宅しました。

炊事場:お湯はでないけれど、蛇口はたくさんあって広々。
トイレ:和式、洋式あり。清潔。鏡あり。

おしまい
【2016/05/05 22:09 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:星の降る森
群馬県、沼田インターからほど近い、『星の降る森』というキャンプ場へ行ってきました。
4家族の予定でしたが一家族のパパが手足口病になってしまい急遽来られず(涙)、3家族総勢11人。
9時からのアーリーチェックインを申し込んだけれど、途中買い出しをしたりしていたら到着は12:30頃に。
沼田にベイシア、同じモールに、ダイソーとカインズもあるので、なにか忘れても殆どまかなえます。

キャンプ場は窪地の芝生になっています。森がぽっかり切り開かれた感じで気持ちのよいところでした。
桜も場所によってはまだ咲き残っていました。
しかし今回は空いていたのでとても開放的で気持ちがよかったけれど、もしサイトが埋まっていたらかなり狭く感じる印象です。

1-IMG_1092.jpg

1-P1050256_600cr.jpg

トイレは和式の小屋と洋式の小屋があります。清潔でした。
炊事場は、水オンリーのところと、お湯も出るところがあったようです。石けん以外の洗剤はNG。ゴミは有料で引き取ってもらえます。(一部除く)

この時期にしては気温が高く、昼間は薄い長袖一枚でいいくらいの暖かさ。しかし夜はやはり寒く冬仕様でした。でも10度くらいかな?

お友達のアイデアで子供たちは野花を摘んですりつぶして色遊び。カラフルな食紅も持ってきてくれて、みんな色遊びに熱中していました。
P1050249_500cr.jpg

そのあとはトカゲを見つけたりカエルを見つけたり、受付下の斜面にあるナゾの滑り台であそんだり。
そもそも滑り台なのか?よくわかりませんが斜面に黒いつるつるシートがひいてあり、かなり楽しそうでした。
P1050281_cr.jpg

P1050302_600cr.jpg
みんなで木登り

夜は、豚すき焼きおでん。うどんも投入。
バーベキューは、お肉とサザエとイカなどなど。
昼間は晴れていて、夜はキャンプ場の名前の通り星が見える事を期待しましたが、残念ながら曇り&小雨でした。

子供たちが一人消え、二人消え、大人たちの焚き火タイム。
燃ーえろよ燃えろーよーといきたいところでしたが、ここで購入した薪、これまでにないくらいぜんっっっぜん着火しません。
かなり冷えてきたし火が欲しい。
そこで助っ人を呼んでまいりました。
お隣(といってもかなーり離れたサイト)の親切な男性の方がナタ持参でこちらのサイトまで来てくれて、コーンコーンを音を響かせて薪を細い状態にし、みごとに着火させて下さったのです。拍手ー
ナタ、必要性はいまいち感じていなかったけれど、今回必要性を痛感し、帰りに沼田のカインズで即購入して帰りました♪

翌朝、すかっと快晴です!撤収のときがこんなに気持ちいいのは案外ないこと。
良い気分でみんなで朝食まったりコーヒータイムをしていると、それをぶちこわす奴らが。
ブヨ来襲。
夫がまずやられ、ポイズンリムーバーにて対処。そしてふとチクチクしていた自分の足首を見てみると、赤いちいさな点のかさぶたが四つくらい。
もしやこれも?!と思いポイズンリムーバートライしましたがすでにかさぶた状に固まっており手遅れだったようです。
普段は絶対レギンスなのに、4月だからと油断して、アンクル丈のデニムを履いていたらその隙間を両足合計6つもやられていました。
他にも数名やられており、息子②もほっぺとおでこと足に赤い点が。
そのときは大した事ありませんでしたが、翌日えらいことになり、痛いわ痒いわ熱いわ腫れるわ。皮膚科のお世話になりました。
出方は個人差があるようです。
息子②はなんともなかったのに一週間くらいたってから急にかゆがって腫てきたし。

さて、11時チェックアウト後は、道の駅、川場田園プラザに寄ってランチとソフトクリームで今回のキャンプを締めくくりました。

おしまい。
【2016/04/23 21:59 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:イレブンオートキャンプ
2016/4/2〜3
イレブンオートキャンプ場
3家族、13名

今回キャンプが初めての二家族とのキャンプ。そして、いつも子供たちは同年代のご家族といくけれど、今回は、6ヶ月の赤ちゃんから3年生のお姉さんまで幅広い子供たちの年齢層。遊びの幅も広かったようで新鮮でした。

今回の狙いはお花見キャンプ。
都内はちょうど満開です。
温暖な千葉ならもちろん・・・のはずが、二分咲きでした。なにゆえ?!外房とはいえ意外と涼しいみたいです。。

天気は雨を覆し曇り。4月頭の割には寒すぎませんでした。
13時チェックイン。テントを張り終え、イレブン名物お祭りへ。
今回はどうしても金魚すくいの金魚を持って帰って飼うという息子①、仕方ないので同意し、今晩はサイトで金魚ちゃんをみんなで観察します。

夕飯は、ピザ釜でピザを焼く事に。みんなでこねこねし、トッピング。
しかし生地がまな板にくっつきくっつき、お皿にもくっつきくっつき・・・せっかくのトッピングも窯に入れる際にはなんだかわからない状態になりましたが、焼き上がりはとっても美味しそう!
本格的な大きなピザ窯で、回転させながら3分くらいで完成しました。
主に子供用のノーマルなピザに加え、大人用に、ゴルゴンゾーラと胡桃とハチミツのピザにもトライ。激ウマでした。
キャンプ王道のバーベキューや、マシュマロをして、夜には夜の探検をして。
パパたちがみんな子供の面倒見がよくママたちはラクさせてもらいました。

IMG_0953_500cr.jpg

翌朝はホットサンドと前夜からつけ込んでおいたとろとろのフレンチトースト。
撤収もつつがなく、今年のキャンプ第一弾終了。
初めての友人たちに楽しんでもらえたとすれば何よりです。
【2016/04/02 23:48 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
2015-2016冬 スキー
詳細は追って。とりあえず記録のみ。

2016/1/9〜11
清里サンメドウズスキー場。
清里高原ホテル。
天文台。池の氷。

2016/2/13〜14
片品スキー場。

2016/2/20〜21
水上高原スキー場。

2016/3/11〜12
車山高原スキー場。

2016/3/19〜21
草津国際スキー場。
【2016/02/18 16:58 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
西表島 2015年12月
2015/12/24(木)〜27(日)
西表島へ年末旅行へ行ってきました。
(これから書く予定)
【2015/12/27 16:54 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:べるが尾白の森キャンプ場
2015/11/21〜23 二泊三日 二家族

今シーズンキャンプ収めは、山梨県べるが尾白の森キャンプ場でした。

キャンピカ明野へ行った際に立ち寄ったSAでたまたまべるがのポスターを目にして気になっていたキャンプ場。
たくさんの落ち葉でフカフカ、空いていて、のんびりとした二泊を過ごす事が出来ました。
サイトはA5、A6。

IMG_0011_660.jpg

IMG_0018_600.jpg
隣接する尾白川。夏は川遊びが楽しそう。

IMG_0035_270.jpg
森の散策路がとても気持ちよかったです。ブランコや森の回廊というものもありました。
エミューのべるちゃんとがーちゃんも。

IMG_0058_500.jpg

設備もきれいでとてもよいところでしたが、トイレが一カ所なこととやや遠いのが難点。
でも、尾白の湯という温泉やそこにある浸水池、遊具のある公園に徒歩で行けるのはとてもよかったです。
夏にまた来てみたいキャンプ場でした。
【2015/11/23 20:02 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:キャンプラビット
2015/10/3〜4 三家族

那須にあるキャンプラビットへ行ってきました。
インターから近く、距離の割に短時間でアクセス良好。

木々の配置が絶妙で、とてもおちつくキャンプ場でした。しかも空いていて穴場的キャンプ場かもしれません。
トイレも炊事場もお湯は出ませんが清潔です。お風呂もあるし、夜はなんとバーまでありおしゃれです。

1-P1040461_720cr.jpg

P1040467_400.jpg
この時期は栗がたくさん!子供たちは夢中で拾います。
場内には小川も流れていてカエルがいたり。

直火OKなので、薪を集めて焼き芋をしたり。
周囲にだれもいなかったので夜も気兼ねなく焚き火とおしゃべりを楽しむ事ができました。
【2015/10/05 20:44 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
東伊豆、稲取温泉
2015/8/27(木)〜28(金)
夏休みの小旅行でサーフィン&ボディボードを兼ね東伊豆へ行きました。
渋滞等はなく概ね快適な道中でしたがターンパイクや伊豆スカイラインは、あいにくの小雨霧で景色もほぼ見えず。
加えておーの様子がおかしい。泣きべそ顔で何かを訴えている様子は・・・初めての車酔いでした。
一旦箱根十国峠レストハウスに立ち寄り休憩。ケーブルカーにしばし魅了される子供たち。
そして再出発して間もなく、休憩のかいなくおー嘔吐。
そういえばゆーもこの年齢の頃から車酔いが始まりました。
まだ山道は続きます。その間おーは自ら袋を抱えて「でちゃう・・・」と弱々しく涙目でしたが、窓をあけたりラムネでごまかしたりしてなんとかしのぎました。

ランチは、国道沿いの海鮮丼。やまもりのしらすや魚介類はいかにも伊豆という感じ。
そして、14:30頃、「赤尾ホテル 海諷廊」着。15時チェックインだからちょっと早めでも入れてもらえることを密かにかなり期待していたのですが、残念そこは厳密だったようで。
ロビーのウエルカムドリンクで一休みして、お仕事中のろっしーをロビーに残し、リゾッチャイズという館内のキッズスペースへ子供たちを連れて行きました。
2人とも大喜び。大汗かいて飛んだり走ったり笑い転げて遊んでいました。このスペースとプールがあるからこのホテルを選んだわけなので、活かされてよかったです。

P1040306_300cr.jpg

15時をまわりチェックインしたら早速プールへ向います。
こじんまりとしているけど景色もよく、滑り台もあって、浮き輪やボールなどは自由に使えて、ジャグジーや温泉も水着で入れます。この日はかなり涼しかったので温泉は助かりました。子供たちは寒さおかまい無し。

P1040323_300cr.jpg

たっぷり遊んだあとは、メンズは温泉へ。そしてお風呂上がりはロビーでビールとかき氷のサービス。
ここのホテル、古さは否めませんが、こうしたかき氷やビールなどのちょっとしたサービスは嬉しいし、子供が喜ぶポイントが高いけれど、お食事に関しては、開始時間が選べないことと夕食は90分間、朝食は60分間と決まっている点が少し残念。そして温泉は無色透明無臭で、いまいち温泉感が少なかった所感です。

二日目。
天気はいいけれど強風。サーフィン&ボディボードの予定だったけれど波もよくなく、じゃあ海水浴とおもったけれどそれもかなりの強風で断念。
ドライブして、たまたま見つけた「izooイズー」という体感型動物園というところへ行ってみました。
これが個人的に大ヒット。
基本的に爬虫類なのだけど、きれいなカメレオンが沢山いたり、アナコンダやクロコダイルなどの大物もいたり、通路をゾウガメが歩いていたり、珍しい貴重な爬虫類がたくさん。亀レースも地味に盛り上がったり。
触れるものも蛇やチビワニなどいる中で、ゾウガメには乗って写真撮影も出来ました。

P1040347_300cr.jpg

P1040330_300cr.jpg

おーは直前まで乗る気マンマンだったのに直前で恐がり断念。ゆーは大きなゾウガメに乗せてもらい、そのまま亀が歩き出す姿はまるでリアル浦島太郎。
餌やりも体験したんだけど、ゾウガメっておとなしくてかわいくてずーっとなでなでしているうちにどんどん距離が縮まり、ほっぺがくっつくんじゃないかってくらい。飼いたいとすら思うほど一瞬愛情沸いてしまいました。人間より長生きだから無理だけど。

P1040354_500cr.jpg

「蟲」のコーナーには身の毛もよだつモノもいたけど、iZoo、いいスポット見つけました。

帰路はおーの車酔いを懸念して真鶴方面から。しばしずーっと食べたい欲のつのっていたらーめん花月でラーメンを食べて帰宅しました。

おしまい
【2015/09/02 13:03 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
次ページ | Home | 前ページ