スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
子連れ旅北海道:2013年07月 二日目
2013/7/26(金)

ホテルのベーカリーでパンを購入し朝食。レンタカーを取りにいき、9時ごろ出発です。旅行中の天気予報は全て曇りや雨だったので晴天は期待していなかったけど、今日は曇り晴れな模様。

まず美瑛へ。旭川から意外と近く、子供たちが寝落ちる間もなくすぐ着きました。見所が点在、いちいち止まって車おりて、チャイルドシートからおろして乗せて、がちょっと面倒。
国道237花人街道をメインに、パッチワークの路、セブンスターの木、五稜会館の北の方、マイルドセブンの丘、などなど。












丘陵地帯は清々しく気分が晴れます。
ところで今回の旅行を前にカメラを新調しました。今まで、一眼レフ、コンデジ、ビデオ、の3台持ちだったのですが、子供二人ともなるとどうしても荷物が増えるし重いので、一台でカバーすべく動画も撮れるミラーレスに手を出した訳です。
やっぱり物足りなさはあるけれど、一台ですむことと軽いことはかなり助かりました。

ランチは美瑛の「ファーム雨読舎」というお店へ。

座敷なので赤ちゃん連れには助かります。櫻太はこんな感じでごろごろ、車移動ばかりでちぢこまった足を伸ばしております。

ランチ後はぜるぶの丘へ。カラフルなお花満開。


そして富良野へ。ちょうどラベンダーの最盛期です。ファーム富田は平日でも駐車場渋滞していました。



ラベンダー畑の中に埋もれる図。これ、やりたかったんです。


虹が出ました!写真だとうっすらでわかりずらいのが残念。


ひまわりも満開でした。

由磨はまだ景色を楽しめる年齢ではない上に、何度教えても「ラベンダー」という言葉を覚えられません。「この紫の花はなーに?」「べランダー!」はまだいい方で、あまりにしつこく聞きすぎたせいかしまいには笑ってごまかしたり、話題を他にすり替えたりして、どーしても覚えたくなかったようです。食べ物系はすぐ覚えるのに。やはりお花に興味を持つタイプではないんですね。

あまりの満開さに櫻太抱っこの重さを忘れるほど写真を撮り、長居し、四時すぎようやくラベンダーをあとにしてトマムへ出発。車が少なく自然だらけの道は気持ちいいドライブです。
18時過ぎリゾナーレトマム到着。リゾナーレのホテルのスタッフは質が高く親切。(棟により制服も対応も少しずつ違うようです)
お部屋に入ってテンションUP。すんごい広い100平米超です。




そしてどーんとプールのようなジャグジーが。



とりあえず夕食へ。たくさんレストランがありますが、ニニヌプリというビュッフェレストランへ。リゾート内はバス移動です。時間によっては混みますが短時間ですしベビーカーもOKです。
ビュッフェは種類もたくさんで、味もおいしい。北海道はお野菜もお肉もお魚も美味しくて最高です。
たらふく二時間くらいディナーを楽しみました。私の東京での食欲不振や夏バテはどこへやら。

部屋に戻ったのは21時すぎ。子供たちを寝かさないと、と思ったけれどこのジャグジーがあまりに魅力的なのでみんなでジャグジー。由磨や櫻太にとってはプールなみ広いし深いし、気持ちよいことこの上なし。
翌朝の雲海チェックのためにAM4:30にアラームをセットして就寝です。

ろっしーは仕事をするとのことで別部屋の寝室を独り占め。私と由磨は落ちるの覚悟で離れたシングルベッド一つずつ、櫻太は借りておいたベビーベッド。一人一つのベッドで手足を存分に伸ばして眠れるなんていつぶりでしょう。夜中の授乳でなんども起きるとはいえ、気分的にゆっくり眠れました。
そんな二日目。
【2013/07/26 15:01 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
子連れ旅北海道:2013年07月
2013/7/25(木)
長男2歳9ヶ月、次男4ヶ月の今年の夏は、国内旅行に決めました。
北と南で迷ったあげく、行き先は北海道に決定。
旭山動物園と、星野リゾートトマムでのんびりかつ雲海テラスが目的です。

ANAとAirDO共同運行のフライト、17:35羽田発→19:10旭川着
二歳までは国内線はおひざでOKのため、マイルで二席。通路はさんで隣りでしたが、空いていたのでCAさんが一番後ろの3席並びを使わせてくれました。二歳児とはいえ抱っこは重いし狭いので助かりました。エアドゥのCAさんは行きも帰りも優しかった。

出発の日の午前中、次男櫻太が午前中いっぱい熟睡してくれたおかげで、順調に荷詰めがはかどり、家の掃除までできてしまいました。
早めに昼食をすませ、兄由磨を昼寝へ寝かしつけ。入れ替わりに櫻太起床するも、起きているのがどちらか一人ならちょろいものです。今日は二人ともいい子だわ。

仕事に行っていたろっしー15時前に帰宅。すると、「事務所に財布を忘れたかも・・・」だって。信じられん。結局忘れてはいなかったからよかったけどほんとーに焦らされます。

空港で、手荷物預け後は展望デッキへ。由磨は走り回りベビーカーを押したがり相変わらずいうことを聞かず騒がしい。
ろっしーが突然パソコンを取り出し「俺今から仕事するから由磨と櫻太みてて」と。いきなり無理です。ちっとも落ち着きのない由磨はエサ(パン)を与えてベビーカーに収容。一方櫻太はおとなしくしております。


そろそろゲートに入らなければならない時間がきても一向に動こうとしないろっしーにしびれを切らし、17:00の時点で無言で立ち去ろうとする私。ようやくろっしーも腰を上げる。
チビたち二人のオムツ替えを済ませ、櫻太を寝かせるべく抱っこ紐に入れ、手荷物検査を通過するころには搭乗ギリギリで、わかっちゃいたけど搭乗ゲートは一番端っこで、いつかの旅行のごとくまたもゲートまでダッシュする羽目に。5分前行動が基本の私的にはぎりぎり行動は本当に嫌。

ダッシュで揺られたおかげか櫻太は寝てくれて、離陸時はスヤスヤ。由磨はあれなにこれなにとずっとおしゃべり。
並び席に席を移動したせいで櫻太起きてしまったが、泣くことはなく、着陸ベルトサインが点いたことに泣いたが少し立ってあやして、授乳したら大丈夫でした。
夕方~夜はいつもぐずるので機内でのギャン泣きを最も恐れていたけれど、そうならずよかったです。
一方由磨は、リンゴジュースを「お代わり下さ~い」と二杯ももらってご機嫌。その後はテーブルをバタバタしたりなんだり。
ここぞとばかりにipadを出したけどそれ以上に機内のあれこれに興味がありすぎて、最強のおもちゃのはずのipadを「もういい」とのこと。がーん。もう切り札がありません。
そして着陸体制にはいってからは「うんちでちゃーう」大声で半泣き連呼。着陸後機内のトイレにすぐいかせてもらったが結局出ませんでした。
どうやら高度が下がって内蔵がふわっとなる感覚がまだわからず、うんちでちゃうだと勘違いしてしまうようです。帰りの便でもおなか痛いと言っていましたから。

預けていたスーツケースの鍵紛失。かけ忘れていたため。残念。

空港から旭川市内までのバスは観光バスタイプ。
乗り込んだのはほとんど最後だったけれどギリギリ座れました。市内まで約40分。ここでも車内ギャン泣きを恐れていましたが櫻太はずっと寝てくれて、由磨も途中から寝てくれて静か。とりあえず往路はトラブルなく二人とも周りに迷惑かけずにすみました。
旭川グランドホテル着。PM8:20

小雨降る中夕食へ。ホテル近く、旭川駅前繁華街の適当なシャブシャブ屋へ。ベビーカーごと店に入れて、櫻太はずーっと寝てくれてラッキーで、ラムのしゃぶしゃぶが美味でした。
一方近頃ますます落ち着きのない二歳児由磨は5秒とじっとしていられないので食事が特に本当に大変。 叱ったりなだめたりなんとか席につかせて夕食を終え、ホテルに帰還し、23時手前ようやく寝てくれました。
この日は夜寝るだけなのでシングルの一部屋に簡易ベッドなので超~狭い。
私と櫻太、ろっしーと由磨の組み合わせ。普段寝相のわるい由磨と寝ているので、狭くても今日はゆったりと感じました。櫻太と添い寝だと添い乳できるから夜中らくだし。

ここ最近体調がすぐれず胃がモヤモヤすることが多かったけど、飛行機酔いなどせず助かりました。
そんな一日目。
【2013/07/25 14:15 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
子連れ旅:金沢  2012年8月
2012/8/12~13
車で金沢へ行きました。
途中休憩をしつつではありますが、11時間くらいかかりました。
なにせろっしーは下道が好きなもので。
私も下道好きだしドライブも楽しいけれど、妊娠初期&子連れとなると話は別。寝ているときとごきげんな数十分以外は泣いてしまう由磨には長時間ドライブはつらいものでした。

おいしいお寿司を食べ、とても行ってみたかった白川郷 のそばの五箇山(富山県南砺市)で合掌造りをみて、飛騨高山ラーメンを食べて帰ってきました。
そもそもの目的はろっしーが同窓会に参加するため。私と由磨はおまけです。

宿は兼六園のすぐそばのホテルをチョイス。兼六園は夏の早朝は無料開放されます。人も少ないしきれいで静かだし、とってもおすすめです。





















【2012/08/12 12:12 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
浜名湖の方:Day2
2010.7.19 MON

朝、浜名湖の北の三ヶ日町にある摩訶耶寺(まかやじ)を訪れてみた。誰もいない静かなお寺。


中の三体の木彫りの像を見学させてもらう。ずーっと昔に一本のヒノキから彫られたというお不動様などがすばらしい。
蓮の花咲くお庭もすてきだった。聞こえるのは蝉の鳴き声だけの静寂感。



そして、海へ。遠州灘海浜公園に車を停め、ビーチへ向かう。


日差しは容赦ない。日傘を持っていないので、普通の雨傘をさして私はビーチに座ってサーファーたちを眺める。35度近い猛暑日ではあったが、海からの風は気持ちよかった。




ところで浜松は餃子が有名。というわけでランチは餃子です。
事前に調べてあったお店に行ってみたら外にまでの行列。この暑い中それはちょっと厳しいので、五味八珍という元祖浜松餃子とうたうチェーン店へ行ってみました。茹でモヤシが乗っかっている餃子は、どちらかというとサッパリ系で美味しかったです。

午後は場所を鮫島に移して再びサーフィン。私は車内で読書&昼寝。

夕刻、もう2カ所訪れたい場所があったので、急いで車を走らせる。
そのうちのひとつが焼津にある、花沢の里。最古の東海道「やきべつの小径」の途中にある集落で、簡単に言ってしまえば昔ながらの長屋(今も普通に暮らしている)が建ち並んでいるところ。
レア過ぎるのか、もう日も暮れかけているからか、観光客などだれもいないこれまた静かなところで、昔にタイムスリップしたみたいな不思議な雰囲気。









日暮れが沁みる感じで、薄暗くなる時間帯がちょうどよく似合っているところでした。

もう一カ所大崩れ海岸というところも見たかったけど日が沈みきってしまい時間切れ。帰路へ。
予想通り渋滞していたので、富士川SAで夕食したあと、談合坂ICで降りて、下道で帰りました。

おしまい。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
写真Blogはこちら→

【2010/07/26 22:26 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
浜名湖の方:Day1
2010.7.18 SUN

海の日の三連休。
海の日は結婚記念日でもあるし、一泊でどこか行きましょうということに。行き先はやっぱり海。
伊豆半島は混みそうなのでもうちょっと先の浜松まで行っちゃえーということで宿泊先は浜名湖にしました。

朝8時頃出発。連休の2日目だからそんなに混まないだろうというのは甘く、東名高速はやっぱり渋滞。渋滞がなくなった所で乗ろうと下道を走っていたら、結局秦野中井ICまで下道となりました。

せっかくなので海だけじゃなく山も、ということで寸又峡へ行ってみる事に。

寸又峡とはこんなところだそう。(↑画像は“夢の吊り橋”。観光HPより拝借。)夏にとっても気持ち良さそうな景色です。

猛暑晴天の三連休。向かう途中の山道も山の緑濃く、空は青く、とても気持ちがよいものでした。

川に沿って走る道。と、集落を通りかかった時、スピーカーからサイレンが。上流でダムの放流があるので川で遊んでいる人はあがって下さい、というもの。その時は「ふーん」くらいにしか思いませんでしたが、これがあとでガッカリな結果を招くのです。。。


大井川鉄道 川根両国駅付近で一旦休憩。川にかかる吊り橋。さきほどのダムの放流で水量が増えてきた。


大井川鉄道 駅名不明

さて寸又峡に到着。

吊り橋までは車で行けないので歩きます。7ヶ月となった今やすっかりのっしのっしと妊婦歩き。普段の三分の一くらいのペースでしか歩けないので、30分かかる道も4~50分かかります。所々小さな滝があったりして、木漏れ日がきれいで、ヒグラシの鳴き声もしてなんともいい感じ。ようやく吊り橋に到着しました。

けれども...



水が汚いっ!!青くないっ!!!



↓こんな色。


さきほどのダムの放水のせいで、ガイドブックにあるような綺麗な青い水面ではなかったのです。。。
放水は数日に一回とのこと。なぜこの連休に放水しちゃうかなぁ。でもまたこようという理由になりました。


森のいたるところから湧き水。マイナスイオン~ 

森林浴を終え、再び大井川鉄道沿いを走り、海の様子を見に海方面へ。中田島砂丘辺りへ着いたところには日も落ちてしまい、ろっすぃのサーフィンは明日へ持ち越しとなりました。


夜は当然ウナギです。弁天島付近にて。
お腹も満たされ、浜名湖のホテルへチェックイン。

そんな一日目。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
写真Blogはこちら→
【2010/07/24 22:27 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
京都~天橋立グルメ旅:Day2
2010.1.11 Mon.

朝一レンタカー。一気に日本海側、京都府丹後半島 久美浜というところへ。雪景色も垣間見れ、冬の日本海側はやはり風情が感じられます。約3時間で到着。
道中はPUFFYの「カニ食べ行こう~」がリフレイン。なぜなら、ここを訪れた目的は、
カニ
だから。

浜の路 臨江庵 というところでのカニ三昧でございます。
松葉ガニの津居山蟹のフルコースなのですが、しかしお話を伺うと、幻と有名でお値段もお高い間人蟹(たいざがに)と実は同じカニなのだそう。採れたものが、間人港に持ち帰られれば名前は“間人蟹”となり、津居山の港に持ち帰られれば津居山蟹のブランドになります。というわけでもちろん美味しいわけなのです。
お造り、カニ刺、焼きガニ、カニしゃぶしゃぶ、鍋、ミソ甲羅焼き、特大の久美浜産生牡蠣、最後に雑炊・・・
港にほど近い静かな個室でいただくお料理、とーっても幸せなお昼のひとときでした。
【2010/01/11 11:18 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
京都~天橋立グルメ旅:Day1
2010.1.10 Sun

毎年恒例京都での新年会。のついでに今年はちょっと足をのばす事にして一泊二日の旅。

のぞみ227号に乗って、わくわくの駅弁をもちろん購入して(駅弁ってお昼を待たずして乗ってすぐ食べてしまうのはなんででしょ。(^艸^))13:21京都駅着。
夜までベタに京都観光をということで、まずは修学旅行ぶりの金閣寺へ。




次に友人の司法試験合格を祈願するため、北野天満宮へ。

そして夜の新年会はいつも同じ場所、同じお部屋での水炊き。最初にいただくお汁を飲んで、それだけでもう幸せになれます。

京都ロイヤルホテル&スパ 泊。一日目終了。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
写真Blogはこちら→
【2010/01/10 18:03 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
次ページ | Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。