スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
産まれました
我が家の次男坊が産まれました。


計画無痛分娩での出産 の予定でした。
漠然と早目に産まれてくるという予感がしていたので37w6dで入院予定を組んでいたのに、正産期である37w0dになった夜中に陣痛が始まってしまい。。

夜も明けきらぬ早朝にごそごそと入院準備を済ませ、なんとか朝までねばろうと再び布団にもぐって寝たり痛みで起きたりを繰り返し、朝7時前、もう限界と感じ、ろっしーと由磨を起こして病院へ。即LDRで分娩準備となりました。

元気ありあまる二歳児も同室での出産、まさか立ち会わせるはめになるとは。(- -;)
騒がしいのをなだめたりテレビをみせたりしながら陣痛に耐え、AM8:30、駆けつけて下さった主治医によりなんとか希望どおり麻酔を入れて頂く事ができ、陣痛の痛みから逃れる事ができました。
しかし診察によると回旋異常で頭の向きが逆とのこと。本来顔が下を向いて出てこないといけないところ、真上を向いているというのです。でも産まれてくる過程で回ってくれるかもしれないしという期待を込めてこのままお産にすすむことに。
麻酔により痛みが軽減し一息ついたのも束の間、急にガツンと赤ちゃんが下りたきたのがわかり、今までと違う痛みが。そして赤ちゃんの心拍も低下。
急いで出してあげねばならず、あれよあれよと先生たちが集まってきて、お産が始まりました。
結局真上を向いたまま下りてきてしまったので当然スムーズには行かず、吸引とお腹を上からグイグイ押され、それでも息んだ回数は3回くらいのスピード出産で赤ちゃんが出てきました。
病院に着いてたった二時間ほどの出来事でした。

由磨にはちょっと刺激が強かったかと心配しましたが、赤ちゃんが母から産まれてきたということを目で見て体感してくれたので、よかったのかもしれません。
(本によれば、上の子を出産に立ち会わせると受け入れがスムーズで赤ちゃん返りが少ないという意見もあります。)
初めての出産の時のような、感動、涙、という感じは全然なく、なんだか賑やかなお産でした。


回旋異常とはいえ無事に産まれてこれてよかったねーなんて感想を述べていた頃はまだ麻酔が効いていたので気づいていなかったのですが、じつはダメージを受けた産道には血腫が出来ていて、麻酔が切れると同時に激痛に襲われ...
ここから先はあまりの痛みに記憶があまりないのですが、声を出してうなったり叫んだりしている間にストレッチャーに移され、オペ室が空いていないとのことで待たされ、その間も痛みは増す一方で目も開けられず、ようやくオペ室で再度麻酔をかけられ緊急オペとなったのでした。
オペまで我慢の間はお産よりも全然辛かった。。。

まさかこんな二次災害に教われるとは予想もしていませんでしたが、でも出産というのは予想外ばかりなものですね。
ともかく、
あと一日早かったら早産扱いだった次男坊は、体重は少ないものの、向きが違うのに強引に産まれてきてしまうパワーを持っている、やんちゃそうな男の子です☆
スポンサーサイト
【2013/03/02 19:16 】
| 息子たち 2010年〜 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<子連れ旅北海道:2013年07月 | Home | 2013年もよろしくおねがいします>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する(公開はされません)

トラックバック
トラックバックURL
http://mytravelnotes.blog.fc2.com/tb.php/438-9161371d
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。