スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
Miami&Key West: Day1
Atlanta → Key West: 830マイル(1,336キロ)


ロングドライブなので、行きは途中で一泊することにし、4/10(木)18:00に出発。しかしアトランタ市内で夕方の渋滞にはまり、この日の目的地Cocoa Beachについたのは深夜2時。

4/11(金):なぜココアビーチで一泊したかといえば目的はやっぱりサーフィン。でしたが、早起きしたものの結局波がドフラットで結局入水はせずに、近くのサーフショップ(なぜか24時間営業)をチラ見してからFt.Lauderdale Hollywood空港へ向かいます。そこでシカゴから飛んでいらしたSさんと合流。

まずは腹ごしらえと、マイアミのダウンタウンへ向かい、ガイドブックを元になんとなくよさそうと3人の意見の一致したレストランへ向かうとまさかの閉店。なので、第二候補のCoco Walkというココナッツグローブにあるモールの中のレストランでランチ。オープンテラスでのランチはやっぱり気持ちよい。空気はじっとり暑く、でも風は爽やかで、たくさんのパームツリーと観光客にマイアミらしさを感じます。
午後はマイアミビーチへ向かいましたが、道も人も渋滞。年齢層が若い気がします。車を駐車するスペースも見つけられず、しかたなく運転手(=ろっすぃ)は残して2人で下車しさーっとビーチを見てからまた拾ってもらいキーウエストへ移動です。

暑いといえば、運悪く車のエアコンが故障中。本当はこの旅の前に直してこようと思ったのだけれど、これまた運悪くいつもお世話になっている車屋さんが一週間お休みしていた為、直して来れなかったのです。そんなわけでマイアミの暑さを思う存分身体で感じることができたのでした。

Keys(キーズ)~Key West(キーウエスト)への道は、島々を結び海の上を結構走るかとイメージしていたけれど、実際はキーラーゴ他島々は結構大きく、海の上を走る距離はそんなに長くありませんでした。
ちょうどセブンマイルブリッジ手前の小さい駐車上に車を停めた頃に日が海に沈みかけました。その時間帯のせいか、駐車場はまたたく間に満杯に。

ゆっくり海に沈みゆく夕日





Seven mile Bridge

すっかり日が沈んでからキーウエストに到着。島の西側、メインストリートはとても賑わっており、じっとりした暑い夜の空気とにぎやかさとお店やバーの明かりがバリを彷彿させます。その道をゆっくり走りぬけて、ウェスティンにチェックイン。ウエスティンは島の中ではかなりいい場所に位置していました。3人なのでツイン・ダブルベッドで予約をしたはずがワン・キングベッドになっていました。Sさん、エクストラベッドになってしまいすみませんでした。。

一息ついてから夜ごはんへ。その途中で見つけた路上のツアーデスクで翌日のスノーケルツアーを申し込みました。ネットで見つけた似たようなツアーに比べると多少安かったです。気のいいおじさんでした。
ディナーではキーウェスト名物のコンクチャウダーを楽しみにしていたものの、コンク貝は現在捕獲禁止になっているらしく、それと関係あるのかないのかフライしかありませんでした。あまりに小さく刻まれてフライに練りこまれている為、食べたような食べた気になっただけのような、でも美味しかったですけれど。そして次の名物、キーライムパイ。おなかが一杯だったのでお持ち帰りに。そしてホテルに戻りプールサイドのベッドチェアーで食後のお昼寝(夜だけど)。夜風がとっても気持ちよかったです。でもなんだかおしりが冷たい・・・と思ったらイスが濡れていたらしくすっかりしみてしまいました。
そんな一日目。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
スポンサーサイト
【2009/04/10 18:53 】
| 旅:キーウエスト・マイアミ(Key West) | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Miami&Key West: Day2 | Home | アジアンが増えました>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する(公開はされません)

トラックバック
トラックバックURL
http://mytravelnotes.blog.fc2.com/tb.php/305-3d07f9a9
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。