カリフォルニア州運転免許取得
免許取得の前にいまさらながらまずやらねばならないことは、パスポートの氏名訂正。ビザは新姓ですがパスポートは旧姓のままである為です。日本から戸籍謄本を取り寄せ、ダウンタウンにある日本領事館へ。
セキュリティゲートをくぐると「はい、いらっしゃい。今日はどんな用できたの?」とおじさんが一人一人に声を掛けてくれます。
そしてそこにいた日本人L.A.ギャルたちをみて、日本の渋谷が懐かしくなりました。ギャルってどこへいってもギャルなんだなぁ。。
15分ほどであっさり終了。“see P5”というハンコがパスポート写真の見開きの上部ページに小さく押され、P5に訂正内容が書かれています。非常にあっさり。

その足でSanta MonicaのDMVへ。
受付で用紙と番号札をもらい20分ほど待ちました。用紙には、髪の色、目の色、身長、体重などを書く欄があります。
これはそのままドライバーズライセンスに記載されます。自己申告制です。
そもそも身長はFt(フィート)、体重はlb(リブ)なのでぱっと見にはわからないのでまぁいいのです。
(なぜか目の色については、Blackと書いたのにBrownに変えられていました。)
パスポート(案の定“see P5”のハンコは目立たないようで「名前が違うじゃない!」とまずいわれました。)、I-20、を提出し、料金28ドルを支払います。
お財布を開けてヒヤッ。そこには27ドル、よりによってあと1ドルだけ足りない!
また別の日に来て並ばなきゃいけないのはいやだ(><)と思ったけれど、デビット払いはOKでした。(クレジットはNG)

次は同じ受付のカウンターで視力検査。え?どこで?と思ったらカウンターの中の少し離れたところにアルファベットが羅列してあるA4くらいの紙が天井からぶら下がっていて、それを読まされます。文字の大きさは全部一緒。
それに受付を待つスペースから丸見えなので、事前に暗記することも可能なような・・・。
そして最後にペーパーテストを英語で受けるか日本語で受けるか聞かれ、受付完了です。(日本語にしました。)

次は指紋採取と写真撮影。
免許取得はある意味記念なので勇気を持って歯を見せて笑っておきました。日本じゃ恥ずかしくてできないから。^^;

最後はペーパーテスト。
この日の午前中に、日本人向け羅府電話帳にあるペーパーテストの練習問題を一通りやっておきました。
難しくはないんだけど英語を日本語に訳しているゆえ問題の意味がわかりかねるものが多く、なかなか悩みました。
電話帳の練習問題はくれぐれもやっておいた方がいいと思います。
終わったらカウンターのお姉さんに提出し、その場で答え合わせ。
誤解答7問以上だと再試験。ぎりぎりパスしました!(両面テストのうち一ページ分の答え合わせをすっとばされていた気が?!^^)

次のドライビングテスト(実技)は別の日となり、事前に予約が必要です。オンラインか電話で予約します。
こちらも一発で受からないと困るんです。
なぜなら、合格すると免許は家に送られてくるのですが、来月には引っ越してしまうので、受け取れるかぎりぎりのところからです。
プレッシャーに打ち勝って、一発合格めざしま
スポンサーサイト
【2008/06/30 17:25 】
| ロサンゼルスの日々 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<カイトサーフィン Kitesurfing | Home | Hawaii>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する(公開はされません)

トラックバック
トラックバックURL
http://mytravelnotes.blog.fc2.com/tb.php/230-7fc49021
| Home |