ハリウッド・ボウル


ハリウッド・ボウルは、丘陵地を利用して建設された世界で一番大きな野外ステージ(音楽堂)です。客席数は約27400席。木製のベンチで、ボックス席にはテーブルもあります。
なぜテーブルがあるかとういうと、昼間のうちから会場に入り、ゴハンを食べたりお酒を飲んだりしてピクニックを楽しんでから、夜に音楽を聴くというのがならわしなのです。そのため、演奏会なのにみんなピクニックバスケットやワインのボトル、ビール持参です。
実はこのコンサートもUSCのLLMにてチケットを取ってくれて、みんなでピクニックして鑑賞会、のはずだったんですが、その日はあいにく波乗りを優先してしまいNG。でも一度知ってしまうと行きたくなってしまい、結局翌日自腹で聴きに来た次第です。
これだけ大きいな音楽堂なので当然道も混みます。そして会場の駐車場は詰め込み式。前後左右びっちりつめていきます。つまり、帰るときは前の車が出てくれない限り自分も帰れません。
事前にその情報を聞いていたので、会場から少し離れたところにある「NON BLOCK」と張り紙された駐車場に停めました。会場の駐車場は13ドル。この駐車場は10ドル。離れているとはいえ、徒歩10分程度なのでこちらで十分です。
(無料の駐車場もあります。少し離れたところにあって同じく詰め込み式。シャトルバスで会場へ移動。バス代は有料。)

会場へむかって歩き始めたころ、係りのおにいさんが駐車場料金の看板の値段をぺらりとめくって10ドル→15ドルへしている瞬間を目撃。開演時間に近づくと値上がりするみたいです。

開演前には、観衆全員が起立して国歌斉唱をします。2万7千人の国歌斉唱はなかなか迫力です。夏とはいえ夜は寒いので、上着やブランケットや座布団が必需品です。

SUNDAY Sep.16 7:30pm
『Fireworks Final: Pink Martini at the Cocoanut Grove』

この日の演目は、

Carioca(YOUMANS)
Carmen Miranda Fantasy
Begin the Beguine(PORTER)
Malambo from estancia(GINASTERA)

など。JAZZ兼ラテンのような感じ。

出演者は“Pink Martini”“Hollywood Bowl Orchestra”“Carol Channing”“Henri Salvador”“Marchfourth”。
曲の合間のトークもおもしろく(半分もわからなかったけどニュアンス的に。)音楽も歌も素晴らしかったです。
なにより星を見ながら、虫の音もちょっと聞こえながら音楽が楽しめるのはとても気持ちがいいものでした。

最後はボレロに合わせて、Fireworks(花火)です。

-Ranking-ブログランキング・にほんブログ村へ Please click on an icon
スポンサーサイト
【2007/10/02 08:11 】
| ロサンゼルスの日々 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<-写真- サーフィンコンペティション? | Home | -写真- フリーウェイ×ピンクモーメント>>
コメント
やっぱりアメリカは、スケールが大きいね!!
駐車場が詰め込み式なんて、日本ではブーイングだろーな。
夏の野外コンサート、1回しか経験したこと無いけど、本当に気持ちいいよね♪
【2007/10/04 12:12】
| URL | ちばこ☆  [編集] |
ちばこ☆>
ちゃんとしたクラシックでもここならジーンズで聴きに行けちゃうね。
でも駐車場だけはほんとに問題アリ。^^;
【2007/10/04 16:09】
| URL | mai  [編集] |
楽しんでますね~♪野外コンサートとか行って見たいんですけど中々週末はタイミングが合わなくて(涙)maiさんの写真見て行った気分を味わっておきます♪
【2007/10/04 21:29】
| URL | nonnon  [編集] |
nonnonさん>
雰囲気だけでも味わっていただければうれしいです。
週末は(週末に限らず?)きっと波乗りで忙しいんですね♪
【2007/10/05 12:14】
| URL | mai  [編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する(公開はされません)

トラックバック
トラックバックURL
http://mytravelnotes.blog.fc2.com/tb.php/117-68b49709
| Home |