トラッセルズ・サンオノフレ 大学のサーフィンサークルにて
学部のサーフィンサークルにて、サンタモニカから南へ150kmくらいのSan Onofreへのサーフトリップというものがあり、友達と3人で参加してみることにしました。

ですが、ちょうどこの日はそばのローワ・トラッセルズというポイントで毎年行われるWCTイベント“Boost Mobile Pro”のファイナルが行われていたので、サークルに行く前にトラッセルズに寄り道していくことに。
ちなみに今年の結果は下記の通り。
 ■ASPワールドツアー第6戦「ブーストモバイルプロ」
  1位 ケリー・スレーター(USA)
  2位 パンチョ・サリバン(HAW)
  3位 ジェレミー・フローレス(FRA)、トム・ウィタカー(AUS)
  5位 トロイ・ブルックス(AUS)、CJホブグッド(USA)、テイラー・ノックス(USA)、ベン・ダン(AUS)

トラッセルズのビーチと海沿いの線路 踏切などなくいきなり電車が通る

こんなに大きな大会だというのに、著名な選手ばかりが出場しているというのに、一緒に行った2人は観戦するのではなく自分たちが波乗りする方に勤しんでいた。大会のサーフ写真も撮りましたが、観戦客が多く、人を押しのけて前に行くこともできず、時間も限られていた為あまりいいショットは撮れませんでした。(後日UP予定)


大会会場から少し離れたところ


このビーチに着くまでには、車を停めてから15分ほど坂を下って歩いてゆく以外方法はない。
容易に行けないからこそ美しさが保たれているのだと思うが、残念ながら道路建設の予定があるとのこと。
道の途中では建設反対の署名活動が行われており、サーファー達はもちろんみな足を止めていた。
私たちも参加し、「SAVE TRESTLES. NO TOLL ROAD.」と書かれたTシャツをもらいました。
 署名に参加したいサーファーのみなさんはこちらへ→『トラッセルズが危ない!』

San Onofre(サン・オノフレ)に到着。ここも駐車場から海辺まで細い道を歩く。というか、崖を下る。


遠目でうねりが見えるようにいい波。とてもキレイで、且つ人がいない。プライベートビーチ状態。


このときにいた参加者は20名弱。3日間ここでキャンプをしているが、私たちのように日帰りの人もいたり、午前だけ・午後だけの人もいたり。
初めての人用にレンタル用のボードやウエットスーツもあったけれど、誰かが指導するでもなく初心者放置。しかも下が砂ではなく石なので、かわいそうなことに足が傷だらけになっている人もいた。
というか、教えられるような人はどうやらいない模様で、まともに波に乗れている人は2,3人だけ。他の人はビーチで海を眺めつつずーーーーっとビールを飲んでいました。
こちらの学生は、年齢は日本の学生とあまりかわらないのに落ち着きがあり、何もせず終日外でぼーっとすることを楽しめる人たち。見た目もしぐさもビール片手にちょっと小おやじくさいけど、それもわるくないと思う。
“サーフィンサークル”というより“海辺でサーフィンを眺めつつビールを飲むサークル”のようでした。


-Ranking- にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ Please click on an icon
スポンサーサイト
【2007/09/15 23:47 】
| ∟サーフィンinアメリカ | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<-写真- San Onofre | Home | 夜遊び>>
コメント
あたしはサーフィンしたことないから、有名な選手とか分からないけど、TVカメラの台数とか人ごみとか写真の雰囲気から大きな大会っていうのがよく分かるー!

「何もせず終日外でぼーっとしている落ち着き」って、あたしも同感♪
ビーチでくつろいでるのが、様になっているんだよね。
日本人は基本的にせっかちだからか、結構キョロキョロしている人が多いヨ。

【2007/09/20 11:28】
| URL | ちばこ☆  [編集] |
ちばこ☆>
詳しい人に言わせると「乗り方で誰だかすぐわかる」らしいんだけど、私はあまり選手には詳しくない上、海上にいると遠いから誰が誰かよくわからなかったよ。
それにしても自然の中で終日ぼーっと何もしないことって、かなりの贅沢だよね。
【2007/09/20 15:47】
| URL | mai  [編集] |
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する(公開はされません)

トラックバック
トラックバックURL
http://mytravelnotes.blog.fc2.com/tb.php/109-c0a3ff78
| Home |