スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) |
キャンプ:キャンピカ明野ふれあいの里
2015/5/30〜31

今月二回目のキャンプ。前回とは別の三家族総勢12名で、PICA明野キャンプ場で一泊です。
5月は気候もいいし、GWもあるし、お出かけしたくなる月ですね。

キャンプ前に南アルプスでさくらんぼ狩りをしました。
「大和農園」〒400ー0213 山梨県南アルプス市西野986
開園時期まもないこともあって真っ赤なさくらんぼがたーくさん実っています。小さな子供でも手の届くところにありますし、脚立はしごで上の方の甘い実を探すのも楽しく。

P1030884_600cr.jpg

P1030907_340cr.jpg

サクランボ経験が浅かった次男おーには、種は出すよう念押ししておきましたが、後日、しかと飲み込みまくっていたことが発覚しました。(- -;)

サクランボ狩りを終え、キャンプ場へ移動。
PICA キャンピカ明野ふれあいの里
こちらも高規格。おされなセンターハウス、トイレも水場も清潔満点です。水場にはコンロもありました。
テントサイトは芝、周囲は木々に囲まれており、小さい小川と池があります。
池脇の3サイトを指定されたので木陰はありませんでしたが、開放感はばっちりでした。子供たちは虫を捕まえたりカエルを見つけたり小川に入ったり。

P1030950_340cr.jpg

ダッチオーブンを購入したN家。チキンの丸焼き大成功です。煮汁で炊いたご飯はまた格別でした。いつものパン焼きも。
1-P1030942.jpg1-P1030941.jpg


翌日は近くにあるハイジの村へ立ち寄りました。遊具で遊んだり、汽車に乗ったりソフトクリームを食べたり。
1-P1030981.jpg

最後に温泉に入って帰宅。
今回は天気に恵まれたキャンプでした。

おしまい。
スポンサーサイト
【2015/05/31 23:21 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:千葉イレブンオートキャンプ場
2015/5/16
幼稚園のお友達三家族、総勢12名で、千葉イレブンオートキャンプ場へ。
もう慣れましたが今回のキャンプもまたまた雨予報。幸いチェックインした13時頃には止んでおりました。
案内されたサイトは奥の方の独立した雰囲気のエリア。地面は土&芝。プライベート感と広さはバッチリです。
テントやタープの位置をあれこれ相談している間に、子供たちは水たまり遊びで早くもびちょびちょ。

二家族はレンタルテントだったのですが、地面が濡れているのにグラウンドシートがなく(事前に電話で確認したときはセットという話だったけれど...)、管理棟で段ボールなどを頂いて対処しました。

P1030766_400cr.jpg
今回初投入のユニフレームキッチンスタンド。持ち運び軽いし丈夫だし下段にはウォータータンクも置ける。でも天板はもうちょっと広い方が助かるかも。さらにツーバーナ無しで天板を追加して使う我が家スタイルでは段差がなかった旧版の方が便利だったかなー。でも満足の一品。以上初使用の所感でした。

おのおの設営を完了し、水場やトイレの探索へゆくと・・・水場のすぐ側のサイトに別の友達一家が!!!
同じ日程で別のキャンプ場へゆく予定なのは知っていたけれど、諸事情によりイレブンオートキャンプ場へ場所を変更したとのことでした。
子供たちもテンションUP。以後それぞれのサイトを行ったりきたりしてずっと遊んでいました。

午後3:30からの「お祭り広場」へ。
わたあめ、ヨーヨー、金魚すくいなど子供のよろこぶものばかり。こういう企画をしてくださるのはうれしいですね。
P1030797_400cr.jpg

その後、長いロープのブランコで遊んだり田んぼや川の方へ探検へ行ってカエルを捕まえたり虫を探したり。

IMG_20150516_171035_500cr.jpg

急坂もけっこうあり、夕闇も迫っていたので、川までは行きませんでしたが、翌日の帰り道に車で同じ川を通ってみたところそんなに澄んではいませんでした。

そして、ばたばたと夕食タイム。
あまり焼き肉野菜を食べない子供たちには信州土産のほうとうを。
大人はお酒片手にBBQ。
しかし、今回は離れたところに友達キャンパーがいたため、子供たちがしょっちゅうサイトから脱走し、夜なので放置する訳にもいかず、ついていったり相手をしたり迎え入れたりして大人たちはなかなか食べられず、そうこうしているうちに寝かしつけの時間となり、やっと腰を落ち着けてゆっくり食べだしたのは23時頃だったような。。。
幸い他のサイトと離れたプライベート区画であることをいいことに、深夜1時頃まで楽しく飲んでおりました。パパ軍団意気投合。

P1030822_400cr.jpg
朝食はみんなだいすきフレンチトースト♪
昨夜遅かった大人たちは若干もうろうとしていましたが、結構余ってしまった食材をじゃんじゃん調理し、朝から結構食べました。

トイレも水場も清潔で、釣り堀や遊具やイベントなどもあって、全体的に手入れされたキャンプ場で高規格といえると思います。すぐ近くに家があったりするので自然感は少なめだけど、新緑木々が気持ちよい感じでした。

おしまい。
【2015/05/17 22:01 】
| ∟キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
2015/5/4〜5 車山高原
旅行の予定はなかった今年のGW。実家の車を3日間借りることができたので、5/3は秩父ふれあい牧場へ。見晴らしの良い高原で、子やぎが乳をのんでいたり、ひつじにえさをあげたり、バター造りを体験したり、牛がアルプスの音楽を聴くと集まってくるのをみたりしました。

1-P1030659.jpg1-P1030660.jpg
牧場といえばソフトクリーム をご満悦「あー・・・」    「ん」

しかし一泊くらいどこかにいきたくなり、道中に翌日の宿をなんとか探し出し、車山高原で空いているところがあったので一泊旅行に行くことにしました。
一日目の目的はリゾナーレ八ヶ岳でプール。
ビジター且つGWだったので大人2800円でしたが、思いのほか混んでおらずとっても快適でした。
朝は渋滞を恐れ6:30に出発。我が家にしてはスムーズな出だしで、車内の子供たちも割と平和で(これ一番重要)。しかも意外と渋滞も大したことはなく、途中、コンビニと、釈迦堂PAで休憩しても、プールがオープンする朝10時に到着しました。
着いてビックリすごい人、リゾナーレ内ストリートは大賑わい。プールも芋洗いかと心配しましたがそうでなかったのが不思議でした。
1-IMG_3681.jpg
始めは水を恐れていて抱っこから離れなかったおーも最後の方にはうきわにつかまってお湯を満喫していたし、ゆーは潜るのは早々に諦めていたけど波のプールをなんども楽しんでいました。そしてすっかり夕方まで。
今回のお宿はバストイレ無しの部屋なので、ここでシャワーができて助かりました。
プール後、熟睡の子供たちを乗せて白樺湖をドライブ。無駄にオートキャンプ場をのぞいてみたり。

お宿はこちら、プチホテル サンルーフ。当初の予約よりも広いお部屋にしてもらえましたが、お部屋は・・・でも寝るだけなので十分。清潔でしたし(これも重要)。
驚いたのがお料理で、とっても美味しかったのです。ダイニングスペース自体も木製の窓枠とか天井の梁とかとても素敵で、お料理とその空間はお部屋とは別世界でした。
連日の寝不足と長距離移動続きで疲れており全員21時就寝。

翌日。
車山高原へ。

1-P1030683.jpg

快晴、気温も寒くなく涼しい程度でとっても気持ちのよい高原でした。ビーナスラインを通り霧ヶ峰へ。

1-P1030714.jpg

ハイキングトレイルも多数あり、おーがもう少しあるくようになったらトレッキングに来てみたいところです。
続いては、北八ヶ岳ロープウエイへ。
スタッフの方々はチロリアンな装いで非日常気分を醸し出した、施設の整ったところでした。
「山麓駅(標高1,771m)から山頂駅(同2,237m)までの高低差466mを約7分」のロープウエイ、山頂には雪がまだまだありましたが、寒いほどではありません。

1-P1030730.jpg
坪庭。溶岩やコケ、高山植物など。4歳、2歳の子連れでも苦なく一周できるちょうどよい散策路でした。

1-P1030732.jpg
雪で予想通りコケる

下山後は、白樺湖畔のすずらんの湯に入り、関越経由で実家に寄り、車を返却してから帰宅。23時。
こどもたちも頑張りました。
車山高原周辺、まだまだ楽しめそうで、また是非行きたいところリストに加わりました。

おしまい

【2015/05/08 12:33 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。