2018スキー
今シーズンのスキー振り返り。
またもやチェーンが切れたり、車の窓開けたまま一晩過ごしてしまいシートに雪が積もっていたりと色々ありました。

■2018/1/5〜7 志賀高原  高天ケ原高原ホテル 二家族

広大な志賀高原スキー場。なにしろ18のスキー場からなるそうで。
子供たちがそんなに滑れない頃にくるのはもったいないと避けていたけれど、上2人7歳&下2人5歳となった今年ならいけるはず。

結果、お天気がよかったこともあってかなり楽しめました。

高天ケ原から、一の瀬、焼額、奥志賀まで、もうリフトもコースも多すぎていちいち忘れてしまいましたが、子供たちは木々の間を滑れるタンネと、ゴンドラのある焼額山を気に入っていた気がします。
そしてなにより空いています。
最高の雪質でしかも三連休なのにこんなに空いていして、温泉ももちろんよく、数年ぶりの志賀、やみつきになりそうです。ちょっと遠いのが難点だけどそれを上回ってしまうかも。
1-DSCN0309.jpg
 最高のゲレンデ 4人でどんどんいっちゃう↑
→続きを読む ・・・more
スポンサーサイト
【2018/03/22 00:06 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
スキー:水上宝台樹
年末年始、仕事が入るかもしれないというろっしー。
なので今年の冬休みは旅行の予約はしていなかったけれど、どうやらいけることになり、一泊スキーにいくことに。
抑えられた宿は群馬県水上、龍洞 源泉掛け流し 湯巡りテーマパーク(http://www.ryuudou.com/)というところ。
水上高原スキー場、水上宝台樹の方面です。

今月は息子たちと自分自身もインフルエンザやら重い風邪にやられてリカバリーしきれておらず、スキー<温泉の気分。
なんならスキーなしの温泉と美味しいゴハンだけでいいんだけど、と軽く訴えてみたが、子供たちもろっしーもスキースキー言うし、今年は雪も豊富だし、これは滑るしかないか。
→続きを読む ・・・more
【2017/12/31 16:05 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
川場合宿
2017/6/3〜4
世田谷区民健康村 なかのビレッジ へ 
昔の合宿仲間なので、自然と旅行ではなく合宿となりました。
四家族の予定が一家族参加できなくなってしまい、三家族で。
【2017/06/03 22:19 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2017スキー:車山高原
夏も冬もお気に入りの車山高原。
スキーでのランチの席探しは結構大変だったりするけれど、ここはお店の人が空席を待ち客に順に割り振ってくれるのが高ポイント。
tops360
SKY JETER
【2017/02/26 23:13 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2017スキー:川場、尾瀬岩倉
2017/2/25〜26
三家族で群馬県沼田市にある老神温泉に一泊スキー旅行へ。
初日はホワイトワールド尾瀬岩倉スキー場への現地集合を予定していました。
が、
関越の事故渋滞が重なり到着がかなり遅れそうだったので、距離の近い川場スキー場へ予定変更。
今回の事故渋滞回避ルートは、都内→首都高5号池袋線にて与野ICにてOUT→17号→本庄児玉ICで関越へIN→その先また事故渋滞していたので、高崎玉村スマートICでOUT→高速沿いの道がずーーーっとあるのでグーグルナビに従い右側左側と高速沿いの道をすいすい→駒寄PAスマートICから関越にもどりました。

事故といえば、我が家も帰路に事故ではないけれどJAF様のお世話になる事態が発生しました。それはまたのちほど。
→続きを読む ・・・more
【2017/02/12 12:57 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2017スキー:草津
2017/1/28〜29
二家族で草津国際スキー場へ。
せっかくの泊まりなのにうっかり日帰りのノリで我が家にしては早めのAM6時頃出発し休憩多めに取りながら10時頃到着しました。にも関わらず結局いつものP3ロット。みんなどれだけ早いんだ。
天気は快晴、路面はあまり雪はなく、ノーマルタイヤのまま二日間を終えました。
草津までの行き方について、榛名山の北回りでゆくか、南回りでゆくかいつも悩みますが、今のところ高崎IC(or高崎玉村スマートIC)で降り、榛名山南側406号→58号へ右折(その先の406山道を避けるため)→145号北側ルートに合流、というコースがベストです。走りやすくコンビニもほどほどあり山道感も少ないし、渋川伊香保ICから行くのと時間的に変わらないので若干節約できます。
→続きを読む ・・・more
【2017/01/29 09:59 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2017スキー:安比高原
2017/12/26〜29
4泊4日で安比高原へ年末旅行に行きました。
(これから書く予定)
【2016/12/29 01:46 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
那須
2016年9月2日〜4日
夏休み最後の旅行の行き先は那須高原。山の登りに挑戦したり、滝に感動したり。
→続きを読む ・・・more
【2016/09/05 16:47 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2015-2016冬 スキー
詳細は追って。とりあえず記録のみ。

2016/1/9〜11
清里サンメドウズスキー場。
清里高原ホテル。
天文台。池の氷。

2016/2/13〜14
片品スキー場。

2016/2/20〜21
水上高原スキー場。

2016/3/11〜12
車山高原スキー場。

2016/3/19〜21
草津国際スキー場。
【2016/02/18 16:58 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
西表島 2015年12月
2015/12/24(木)〜27(日)
西表島へ年末旅行へ行ってきました。
(これから書く予定)
【2015/12/27 16:54 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
東伊豆、稲取温泉
2015/8/27(木)〜28(金)
夏休みの小旅行でサーフィン&ボディボードを兼ね東伊豆へ行きました。
渋滞等はなく概ね快適な道中でしたがターンパイクや伊豆スカイラインは、あいにくの小雨霧で景色もほぼ見えず。
加えておーの様子がおかしい。泣きべそ顔で何かを訴えている様子は・・・初めての車酔いでした。
一旦箱根十国峠レストハウスに立ち寄り休憩。ケーブルカーにしばし魅了される子供たち。
そして再出発して間もなく、休憩のかいなくおー嘔吐。
そういえばゆーもこの年齢の頃から車酔いが始まりました。
まだ山道は続きます。その間おーは自ら袋を抱えて「でちゃう・・・」と弱々しく涙目でしたが、窓をあけたりラムネでごまかしたりしてなんとかしのぎました。

ランチは、国道沿いの海鮮丼。やまもりのしらすや魚介類はいかにも伊豆という感じ。
そして、14:30頃、「赤尾ホテル 海諷廊」着。15時チェックインだからちょっと早めでも入れてもらえることを密かにかなり期待していたのですが、残念そこは厳密だったようで。
ロビーのウエルカムドリンクで一休みして、お仕事中のろっしーをロビーに残し、リゾッチャイズという館内のキッズスペースへ子供たちを連れて行きました。
2人とも大喜び。大汗かいて飛んだり走ったり笑い転げて遊んでいました。このスペースとプールがあるからこのホテルを選んだわけなので、活かされてよかったです。

P1040306_300cr.jpg

15時をまわりチェックインしたら早速プールへ向います。
こじんまりとしているけど景色もよく、滑り台もあって、浮き輪やボールなどは自由に使えて、ジャグジーや温泉も水着で入れます。この日はかなり涼しかったので温泉は助かりました。子供たちは寒さおかまい無し。

P1040323_300cr.jpg

たっぷり遊んだあとは、メンズは温泉へ。そしてお風呂上がりはロビーでビールとかき氷のサービス。
ここのホテル、古さは否めませんが、こうしたかき氷やビールなどのちょっとしたサービスは嬉しいし、子供が喜ぶポイントが高いけれど、お食事に関しては、開始時間が選べないことと夕食は90分間、朝食は60分間と決まっている点が少し残念。そして温泉は無色透明無臭で、いまいち温泉感が少なかった所感です。

二日目。
天気はいいけれど強風。サーフィン&ボディボードの予定だったけれど波もよくなく、じゃあ海水浴とおもったけれどそれもかなりの強風で断念。
ドライブして、たまたま見つけた「izooイズー」という体感型動物園というところへ行ってみました。
これが個人的に大ヒット。
基本的に爬虫類なのだけど、きれいなカメレオンが沢山いたり、アナコンダやクロコダイルなどの大物もいたり、通路をゾウガメが歩いていたり、珍しい貴重な爬虫類がたくさん。亀レースも地味に盛り上がったり。
触れるものも蛇やチビワニなどいる中で、ゾウガメには乗って写真撮影も出来ました。

P1040347_300cr.jpg

P1040330_300cr.jpg

おーは直前まで乗る気マンマンだったのに直前で恐がり断念。ゆーは大きなゾウガメに乗せてもらい、そのまま亀が歩き出す姿はまるでリアル浦島太郎。
餌やりも体験したんだけど、ゾウガメっておとなしくてかわいくてずーっとなでなでしているうちにどんどん距離が縮まり、ほっぺがくっつくんじゃないかってくらい。飼いたいとすら思うほど一瞬愛情沸いてしまいました。人間より長生きだから無理だけど。

P1040354_500cr.jpg

「蟲」のコーナーには身の毛もよだつモノもいたけど、iZoo、いいスポット見つけました。

帰路はおーの車酔いを懸念して真鶴方面から。しばしずーっと食べたい欲のつのっていたらーめん花月でラーメンを食べて帰宅しました。

おしまい
【2015/09/02 13:03 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
はじめての合宿:千葉
2015/7/25〜26
兄弟でお世話になっている幼児教室のようなサークルのようなクラブのような習い事の夏合宿に参加してきました。
→続きを読む ・・・more
【2015/07/26 19:37 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2015/5/4〜5 車山高原
旅行の予定はなかった今年のGW。実家の車を3日間借りることができたので、5/3は秩父ふれあい牧場へ。見晴らしの良い高原で、子やぎが乳をのんでいたり、ひつじにえさをあげたり、バター造りを体験したり、牛がアルプスの音楽を聴くと集まってくるのをみたりしました。

1-P1030659.jpg1-P1030660.jpg
牧場といえばソフトクリーム をご満悦「あー・・・」    「ん」

しかし一泊くらいどこかにいきたくなり、道中に翌日の宿をなんとか探し出し、車山高原で空いているところがあったので一泊旅行に行くことにしました。
一日目の目的はリゾナーレ八ヶ岳でプール。
ビジター且つGWだったので大人2800円でしたが、思いのほか混んでおらずとっても快適でした。
朝は渋滞を恐れ6:30に出発。我が家にしてはスムーズな出だしで、車内の子供たちも割と平和で(これ一番重要)。しかも意外と渋滞も大したことはなく、途中、コンビニと、釈迦堂PAで休憩しても、プールがオープンする朝10時に到着しました。
着いてビックリすごい人、リゾナーレ内ストリートは大賑わい。プールも芋洗いかと心配しましたがそうでなかったのが不思議でした。
1-IMG_3681.jpg
始めは水を恐れていて抱っこから離れなかったおーも最後の方にはうきわにつかまってお湯を満喫していたし、ゆーは潜るのは早々に諦めていたけど波のプールをなんども楽しんでいました。そしてすっかり夕方まで。
今回のお宿はバストイレ無しの部屋なので、ここでシャワーができて助かりました。
プール後、熟睡の子供たちを乗せて白樺湖をドライブ。無駄にオートキャンプ場をのぞいてみたり。

お宿はこちら、プチホテル サンルーフ。当初の予約よりも広いお部屋にしてもらえましたが、お部屋は・・・でも寝るだけなので十分。清潔でしたし(これも重要)。
驚いたのがお料理で、とっても美味しかったのです。ダイニングスペース自体も木製の窓枠とか天井の梁とかとても素敵で、お料理とその空間はお部屋とは別世界でした。
連日の寝不足と長距離移動続きで疲れており全員21時就寝。

翌日。
車山高原へ。

1-P1030683.jpg

快晴、気温も寒くなく涼しい程度でとっても気持ちのよい高原でした。ビーナスラインを通り霧ヶ峰へ。

1-P1030714.jpg

ハイキングトレイルも多数あり、おーがもう少しあるくようになったらトレッキングに来てみたいところです。
続いては、北八ヶ岳ロープウエイへ。
スタッフの方々はチロリアンな装いで非日常気分を醸し出した、施設の整ったところでした。
「山麓駅(標高1,771m)から山頂駅(同2,237m)までの高低差466mを約7分」のロープウエイ、山頂には雪がまだまだありましたが、寒いほどではありません。

1-P1030730.jpg
坪庭。溶岩やコケ、高山植物など。4歳、2歳の子連れでも苦なく一周できるちょうどよい散策路でした。

1-P1030732.jpg
雪で予想通りコケる

下山後は、白樺湖畔のすずらんの湯に入り、関越経由で実家に寄り、車を返却してから帰宅。23時。
こどもたちも頑張りました。
車山高原周辺、まだまだ楽しめそうで、また是非行きたいところリストに加わりました。

おしまい

【2015/05/08 12:33 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2015年スキースキー!
2015/1/24〜25 ★ノルン水上スキー場 辰巳館泊
近所の仲良しご一家とスキーデビューです。ノルンはインターからすぐでアクセス良好なスキー場です。しかし朝の関越は毎度渋滞。
高速道路渋滞の際に、そのまま派と下道に降りる派、どちらが多いのでしょうね?
我が家は下道派です。退屈な高速道路でノロノロなら、ノロノロだとしても選択肢が多くて景色も飽きない下道がいいんですよね。
でも時間的にどうかというと決して早い訳ではなくいつもどっこいどっこいです。気分の問題ですね。

さてゲレンデ天気は快晴ポカポカ。長男ゆーはこの日がスキーデビュー。レンタルしてブーツを履いて板につけてさぁ雪上を歩いて・・・ってまずそれも出来ないので、必殺アイテム登場!

スキー板の先端にはめると、板の前が重ならないというアイテムです。こんな簡単な装置なのに結構いいお値段するんです。でも効果は絶大です。あるのとないのじゃ大違い。
おかげですぐリフトに乗って怖がりながらも大して転ばず滑り降りてこられました。
ゆーの場合は、運動能力うんぬんよりもメンタル次第なところがあり、心意気一つでトライしなかったり諦めたり、今回も「一人じゃやだ〜一緒がいい〜」と半べそ。でもお友達の女の子と一緒だったので、2人で楽しそうにしていてまだ助かりました。そうでなければすぐソリに逃げていたハズ。
次男坊おーはゲレンデの片隅で雪遊び。それだけで楽しそうにしてくれているので助かります。
辰巳館、温泉もよくご飯も美味しく、よい旅館でした。

1-IMG_3489.jpg

二日目はスクールに入れる予定でしたが、人数も多くて、初日で結構できるようになってしまったのでスクールはキャンセル。午前中おーは託児し、父はゆーと、母は一人気持ちよく滑らせていただきました♪
結局ソリ遊びは全然せずスキーのみ。温泉に入って帰宅しました。

2015/2/7〜8 ★苗場スキー場 プリンス泊
ろっしーの知り合いご夫婦2組と。プリンスは広すぎて、レンタルやら託児やら移動が結構大変でした。とはいえゲレンデ目の前という立地は楽です。
昼過ぎ到着。今回は急にやる気マンマンなゆー。「一人で滑る!」と意気込んでおり、宣言通りリフトを降りてすぐ一人で滑り出しました!前回の最後の方で、止まり方を覚えられたからかな。
母&息子でスキー。一人で滑ってくれるようになるとすっごく楽だしなにより楽しいです。そうそう、こういう親子スキーを夢見ていたの。
出来なかったことが出来るようになったことが目に見えてわかるのは親的にとっても幸せな瞬間です。

3本滑って疲れたであろう頃、どーーーしてもゴンドラに乗りたいと言うので、難しいよと念押しの上乗ってみました。しかし時間は夕刻16時。休憩無しで疲れも溜まってきた頃だし薄暗くなりはじめ、メンタル弱男なだけにいやな予感、そして的中。
まず上に着いたらトイレコール。もたもたトイレをすませ外に出ると、ゴンドラはすでに営業終了のため周囲に人気はなくシーンとさみしい。
となるとメンタル弱男はその能力をいかんなく発揮し、超〜緩斜面なのに「こわいー!ママと滑る!!」とまた振り出しに戻ってしまいまして。
間に挟んで滑り始めついうっかり私が一度ゆーを転ばせてしまい、さらにさらに上級者コースへと道を間違えてしまい、これはいかんと斜面を少し歩いて戻る羽目になったりで、彼のメンタルはさらにズタボロ。
パトロールが来てくれて、心配され後ろをついてこられつつ間に挟んでずっと滑り続け、中上級コースもコブなんかあったりで私的にはかなりかなりかなりしんどく、実は途中で言われたゴンドラで下って降りるかと言うパトロールの人のオファーを断ったことを後悔。(日頃のクセでつい「大丈夫でーす」と言ってしまった・・・)
下に着くまでに一時間くらいかかり日もすっかり暮れてとにかく疲労困憊。ゆーもよく頑張りました。
夜は焼き肉でスタミナ回復。

翌日は午前中二人を託児。おーも最初は泣いたけど兄と一緒だとすぐ泣き止んでくれるし助かります。
午前中はみなさんとガッツリ滑って大満足。時間ギリギリ最後はノンストップでお迎え。
午後はおーと雪遊び。楽しそうだったけど託児でお疲れなのか抱っこ抱っこで、ゆーたちをゲレンデで待つ間寒いし重いし疲れました。そして帰路へ。
夕方17時ごろでたのに、関越が珍しくスムーズ且つ子供たちがずーっと寝てくれたので、温泉や夕食に寄らず帰宅。

1-IMG_3500.jpg1-MVI_2820.jpg
左は今回、右は一年前。おーちゃん、成長してる?!

2015/3/14〜15 ★草津国際スキー場
またご近所ご一家と一泊スキー。今回も関越渋滞を避けていたら結局ずーっと下道で行くことになりました。
6:15発11:00着。
ICから遠いけど雪質がよく、キッズパークも安い上に場所も傾斜もアイテムもいい感じでお気に入りゲレンデ決定。
ランチ後おー託児。託児施設は新しそうで広いしきれいだし、魅力的なおもちゃの数々にかけより笑顔でバイバイしたくせに、おーには合わなかったみたいで、一時間半くらいずっと泣いていたそうです。たしかにちょっと保育士さんが・・・という印象は受けました。一時預けは初めての場所なのでそのへん難しいですね。
上の子2人は父たちと私といきなりゴンドラへ。やる気満々。しかし!のっけからの中級斜面。ゆーは「怖い〜」といいながらもよくぞこの斜面を降りてこれた。
休憩もつかの間その後はローングコースです。大人でも40分くらいかかるとか。そして下界とは違い結構寒い。ふたりともすごくがんばりました。
おーの託児は二時間でしたが滑っている途中ではやくもお迎え時間が近づいたため、私は一人で先にゆきました。ゴンドラ一本で二時間とは。
温泉で疲れを癒すとパワー復活のこどもたちは、夕食中も部屋の中でもそれはそれは元気でした。

二日目。櫻太はろっしーエルゴで一緒にスキーしました。下の方の緩斜面なのでね。リフト3本。
3回目、板の前につけていた補助器具を取ってみようという説得にしぶしぶ応じたゆー。取ってもちゃんと滑れたました。この器具、ほんとうにすごいです。ありがとう、正式名称がわからない器具。
そのあとはキッズパークで父たちとあそんでもらい、母2人でゴンドラへ。
ランチ後は交代してメンズが滑りに行き、温泉はいり、帰路へ。そりもスキーもできて充実した滑り納めでした♪
渋滞を避けまた下道で帰ることに。熟睡したゆーはお漏らししちゃったけどね。

おしまい
→続きを読む ・・・more
【2015/03/13 23:56 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
九州:2015年1月4日〜7日
2015年新年は、ろっしーファミリーと我が家総勢8名で、九州3泊4日旅行へ行きました。

1月4日
羽田空港でご両親と待ち合わせ。
1-P1010911_720cr.jpg
飛行機大好き

福岡行きの飛行機はガラガラで快適でした。天気も快晴。富士山上空を楽しみにしていたのですが、ちょっと雲に隠れていました。(右下に見えるのが富士山)
P101092_720cr.jpg
→続きを読む ・・・more
【2015/01/04 08:53 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
金沢:2014年12月28日〜30日
広志の同窓会便乗で冬の金沢へ二泊三日。

12/28(日)
関越〜北陸道で。今回子供たちが車でよく寝てくれたこともあり、途中ぐずることもなくとてもスムーズに6時間くらいで到着。
行きはよいよい帰りはこわい・・・実は復路がとても大変でしたがそれはまたあとで。
直前に大寒波があり、雪や暴風雨など心配でしたが(車中閉じ込められも考え一応寝袋持参)、当日は快晴で、途中の山々の雪景色がとてもきれいでした。
1-P1010721.jpg

時間に余裕があったので、金沢21世紀美術館へ。
まずは有名な「スイミング・プール/レアンドロ・エルリッヒ」。
1-P1010734_400cr.jpg
「たすけてー」とかやらせてみる
→続きを読む ・・・more
【2014/12/28 21:01 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ママ子旅軽井沢:2014/7/28〜30
2014/7/28(月)〜30(水)
ママ友のお誘いで軽井沢コテージに。2人とも2人子連れ合計6人。
新幹線でまず興奮。その後もひろーいコテージ内ではしゃぎまくり。
おしいれからジャンプを何回したことか。とにかく朝から晩まで楽しそうでした。
二日目はアウトレット散策したりして、夜は飲んでしゃべって。
楽しい夏休みの想い出に感謝。

1-IMG_3102.jpg

1-IMG_3081.jpg

1-IMG_3123.jpg
【2014/07/28 22:19 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
北海道 2014年7月25日
2014/7/25 金曜日

本日は雲海発生せずゴンドラは運休とのこと。昨日行けてよかった。
トマムに来るなら雲海は是非みたいですよね。
去年も4日間いましたが、発生したのは今回同様一日だけでした。そのくらいの確率なのかな。

朝ごはんは雲の下カフェで。お野菜がとにかく美味しいしバリエーションも違ってよかった。
つくづく北海道は美味しいものがたくさん。

名残惜しいけれどチェックアウト。フライとまで時間があるのでまたまたミナミナビーチプールへ。
今日はたくさん遊んでくれてきたかいがありました。次男はまた寝るタイミングを逃しずーっと泣きベソだったけど。
泳がない人にとってはかなり中は蒸し暑いです。外は涼しいです。なので次男を抱っこしなんどか外で涼みました。
併設のお風呂に入って、プール終了。そとは涼しくて快適。

千歳空港へ。
レンタカー返却。
で!
ろっしー車に携帯忘れる。(こういうことよくある。あるある。あるあるある・・・)
ありがたいことに空港まで届けてもらえました。感謝です。

北海道のシメに、カニウニいくら丼をモリモリ食べて、飛行機へ。

そんな北海道旅行でした。
おしまい
【2014/07/25 22:11 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
北海道 2014年7月24日
2014/7/24 木曜日
雲海予報40%だったが、当日4:30に起きて雲海チャンネルをチェックすると雲海発生とのこと。やったー
子供たちを起こして、AM5時、暖かい恰好をしてゴンドラへ向います。七月とはいえ真冬のジャケット一枚はあったほうがよいですよ。

ゴンドラで上に登るほどに空は快晴に。

1-IMGP9062.jpg

エゾシカ親子発見 ↓
1-IMGP9064.jpg

1-IMGP9080.jpg

この日は低めの雲海だそうで、リゾナーレのタワーが雲の上ににょきっと出ています。
早朝の空気は清々しくて気持ちがいい。
日差しが強烈なので途中でぐんぐんが気温があがってきました。
ゴンドラの山頂からさらにトマム山に登れる山道があったので、入山届けを書いて、棒をもって登ってみました。
前日の雨で土が滑る。そこそこ急なので本っ当に滑る。(汗)
途中まで登りましたが案外頂上は遠く、道も草いきれで狭いので、山頂を目指すのは断念。でもちょっとした登山が楽しかったです。

1-IMGP9090.jpg

雲海カフェまで戻り、飲み物をのんで一休み。
どんどん人は来るけれどそこまで混んでいませんでした。
ここにはポストがあって手紙が出せます。祖父母にはがきを投函しました。
1-IMGP9095.jpg

朝の時間をたっぷり楽しんだあとは、ゆっくりハルで朝食を。
食後はリゾナーレ内のストライダーにチャレンジ。
恰好はさまになっているけど、最初は難しいみたいでサドルに座らずに漕いでしまうしバランスをとって両足で蹴るのもできなかったな。
コースはマウンテンバイクコースみたいで楽しそうだったけれど、ゆうまはすぐに飽きてしまい30分もせず終了。
出来ないことには取り組もうとしないんだなーいつも。^^;

お次はニポの森のスタンプラリー。
快晴すぎで暑い中、7つのスタンプを集めます。
集め終わると宝箱からお菓子をもらえると知ったゆうまはかなりのモチベーションでがんばりました。
ご褒美には簡単につられるんだなーいつも。^^;
エゾサンショウウオの住む池や森の中を一時間半も歩き、櫻太はエルゴでずっとすやすや。
待望の賞品はバッジと飴でした☆

13:30ごろから富良野方面へドライブ。
結局あまり時間がなく、十勝岳スカイライン、展望台(火山、雄大、石を積んだり)や、
1-IMGP9140.jpg

白ひげの滝(青い水がとてもきれい)や、
1-IMGP9157.jpg

青い池(中国人団体とかぶってしまったうえ曇ってしまってあまりきれいじゃなかったし人が多すぎた)
1-IMGP9176.jpg
を見て、
どうしてもソフトクリームが食べたいというろっしーの希望によりファーム富田に寄り、ラベンダーソフトを食べました。
1-IMGP9187.jpg

飛ばして、19:30ごろトマムへ帰還。
途中、エゾシカやキタキツネやベビと遭遇。
1-IMGP9139.jpg

急いでニニヌプリで夕食。ここからは子供たちの眠気との戦いだ。
限界のおうたをシャワーして寝かせ、ゆうまは眠気に完全勝利してしまいジャグジーまで楽しんで22時ごろやっと就寝。
お部屋にジャグジー、さいこーです

そんな三日目。
【2014/07/24 21:57 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
北海道 2014年7月23日
2014/7/23 水曜日

天気は雨。雲海テラスもゴンドラ運行中止。そして涼しい。
こんな日は一日プールで遊ぼう。

朝食はリゾナーレの32階のレストランに行ってみました。
おーたは最近パンにもそんなにくいつかず(昔はパンばかりずーっと食べていてくれたからけっこう時間がもったのに)大好きだったバナナも食べなくなってしまった。
しかし変わったものを食べたがり、サラダの葉っぱとかをむしゃむしゃ食べたりする。(ちょっと虫っぽい。^^)
ゆうまは相変わらずあまり食べないし食わず嫌いが多いですね。

レッツゴー『ミナミナビーチ』へ。
櫻太は昨夜寝たのが遅いのに今朝もいつもみたいに5:30におきてしまい、眠さマックス。
なのに眠れず、かなりぐずぐずでずーっとベソ泣き。なのでせっかくのプールなのに水に触れるのもいやがり全然入れず。
由磨も去年は丸一日遊んだのに今年はあまり入りたがらず「早く温泉いこう。そのあとドライブ行きたい。」と。結局すぐお風呂に入ってプール終了。
こどもって・・・

売店でパンを買い、曇り空のなか十勝方面ドライブに行ってみる事にしました。
車中でやっとふたりともぐっすりZzz。しかーし兄の方はまだ昼寝の際に粗相をすることがあるのでかなりハラハラします。
途中休憩したとき無理矢理おこしてトイレへ連れ出す。レンタカーを濡らす訳にはいかないのだ。

『274樹海ロード』というところを通り、日勝峠展望台へ。
1-IMG_3020.jpg

厚い雲が晴れてきて、雲海が眼下に広がり中々の眺めでした。
1-IMGP9045.jpg

18時過ぎトマムへ戻り、夕食はホテル内の後藤海鮮居酒屋というお店に行ってみました。
キッズルーム完備、キッズ弁当無料!
子供たちが遊んでいる間にゆっくり食べられました。

そんな二日目
【2014/07/23 21:30 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Home | 前ページ