最後のWorship
今日がクワイヤーとして歌える最後の日。
みんながメッセージを書き込んだ賛美歌集をプレゼントしてくれた。

いろんなところへ行って、いろんなことがあった二年間のアメリカ生活の中で、ここのクワイヤーの一員になれたことが自分の中では一番大きい。本当に、心の底から幸せと感謝を感じながら歌う事ができた。これからの一生の思い出になるにちがいない。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
 写真Blogはこちら→
 fotologueはこちら→
スポンサーサイト
【2009/07/26 01:13 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(0) | トラックバック(0) |
Polyphony Worship
この日は ”Polyphony Worship” という普段とは違う特別な礼拝が夜にあった。他の色んな教会からのゲストも来る。
そこで私はとあるお役目を申し渡された。聖書の一節を壇上で朗読するというもの。まさか英語で?!と思ったがそんなわけはなく、私は日本語、ご両親がロシア人のルダ(クワイヤーの中で一番の仲良し)はロシア語で、あと二人、クワイヤーではない人でスペイン語とポルトガル語で、その一節を順に読み、最後は全員で英語で読む、というもの。ダンには「もしMaiが『今日はいいお天気ですね』と読んだとしても正直誰も気づかないけれど、でもちゃんと読んでね」とにっこり言われてしまった。
さてそれは、Peter 2:2-10 という部分なのだが、困った事に私は日本語の聖書を持っていない。そこでクラスメイトの韓国人で、旦那様が牧師さんで彼女は韓国で日本語教師でもあったというエスターに助けを求めた。すると期待通り、彼女は韓国語と日本語両方が記載されている聖書を持っていたのだ。そして無事、日本語訳を入手しました。

本番では、日本語がトップバッター。私のフェードアウトとともにルダのロシア語がフェードイン、といった感じで順に各国の言葉で幻想的に聖書の一節が紡がれてゆく。とてもいい企画だったと思う。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
 写真Blogはこちら→
 fotologueはこちら→
【2009/05/01 00:18 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(0) | トラックバック(0) |
礼拝音楽は毎週いろいろ
Worshipの流れ:基本はパイプオルガンでみんなを迎え、全員起立で賛美歌。その後ちょっとしたお話があってまた賛美歌。そしてみんなで挨拶しましょうみたいな感じで全員が周りの人とハグタイム、そしてまた歌。次に子供たちが前に集まって子供たちへのお話。そしてクワイヤーの演奏、そして牧師さんのお話が20分くらい。そして最後にまた会場全員で賛美歌を歌って、締めの言葉があってパイプオルガンでみんなを送り出しておしまい。これで一時間。

クワイヤーが聞かせる歌の部分は毎週色々。賛美歌は初見(ぶっつけ本番。といってもそれは私だけで、ずっと通っている人はもう見知った曲ばかりなので。)で、会衆に聴かせる演奏は2,3曲。
パイプオルガンと歌だったり伴奏がピアノだったり。また子供合唱団、ユース合唱団(ティーンエィジャー)が歌ったり、ハンドベルの演奏があったり。またウインドアンサンブル(小さいオーケストラみたいなもの)もあるので、彼らが演奏したり重奏したり、歌の独唱や二重唱もあります。一番豪華なのは、パイプオルガンとウインドアンサンブルを伴奏に歌うとき。なんて贅沢なんだろうと、歌いながらいつも鳥肌がたちます。日本ではオケを伴奏に、ましてやパイプオルガンを伴奏に歌える事なんてそうないから。(教会などに通えば別かもしれませんが一般的には。)

教会に通う家族の子供は、小さい頃からこうして毎週生の音楽に触れて育つことができて、いいものだなと思います。

独奏や重唱をした人たちに、礼拝の後メンバーはみんなかならず声をかけにいきます。正直ものすごく上手とは言えない場合もあります。それでもハグして「すばらしかったわ」とか「よくやった」と心から声をかけます。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
 写真Blogはこちら→
 fotologueはこちら→
【2009/02/22 00:42 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(0) | トラックバック(0) |
ああ勘違い:聖歌隊メンバー送別会、そして出会い
長いので下に書きました。
→続きを読む ・・・more
【2009/02/19 14:15 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(0) | トラックバック(0) |
Ladies chorus 練習初参加
はじめてのことはいくら年をとってもどきどき。今回もドキドキしながら扉を開けるとジェーンがみんなにMaiも今日からメンバーの一員だと紹介してくれた。
普段の練習では人数が多すぎてとてもみんなと話せないが、こちらは十数人なのでおしゃべりができる。そして全員女性(一人をのぞいた全員年上)なのでなんとなく気軽。

歌い始める。あーきれい、とやっぱり思う。なんだろう。やはり日本人とは声が違うのだ。もちろんみんなが長年歌をやっている人たちでしかも選抜された人たちで上手だからということもあると思うけれど、英語という発音を生まれたときからしているとやっぱりこういう声になるのかなと思う。
参加させてもらったことに感謝。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
 写真Blogはこちら→
 fotologueはこちら→
【2009/02/09 23:48 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(0) | トラックバック(0) |
Ladies chorus に誘って頂く
今日の教会のクワイヤー(聖歌隊)の練習のあと、パイプオルガニストのジェーンに引き止められた。ジェーンは厳しくも温かい人でみんなの絶対的信頼を集めている人。ダンがもちろんトップではあるが、トップゆえ多忙で細かいところに手が回らない分ジェーンが全てカバーしている感じ。そしてその彼女からの用件はというと、レディースコーラスに参加しないかと誘ってくれたのだ。
レディースコーラスは、クワイヤーの中の女性のなかの選抜チームのようなもの。人数は20人ほど。ジェーンが主導となり指揮者兼指導者兼ピアニストとなる。練習は不定期の月曜日。
普段ミサで歌うときは楽譜を持って歌うので暗譜の必要はないが、レディースコーラスは楽譜を持たない。つまり毎回暗譜しなければならない。それが不安だが、こんな機会はまたとないので喜んで参加させて頂く事にした。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
 写真Blogはこちら→
 fotologueはこちら→
【2009/01/21 23:19 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(0) | トラックバック(0) |
アトランタの日々3:クワイヤー(教会の聖歌隊)の練習
年も明けたので、アトランタに来てからを振り返ってみました。(自分のための覚え書き兼。)
→続きを読む ・・・more
【2009/01/20 06:12 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(4) | トラックバック(0) |
Hometown Holiday
Hometown Holiday という毎年恒例のイベントがあります。クワイヤーによる発表会というようなものでしょうか。
ゲストはお食事を楽しみながら舞台を鑑賞します。(教会にはちゃんとそういったホールもあり、給食室のようなキッチンや料理人、サーブするスタッフもいます。)

この日へ向けての練習は結構ハードでした。なにしろ曲数は多いし、舞台なので、踊りながら歌ったりもするためもちろん暗譜。英語の曲を暗譜するだけで自分にとっては大仕事なのです。
ソロがあったりデュエットがあったりアカペラがあったり、ちびっこたちはパジャマ姿で歌ったり踊ったりしてかわいいのです。そしてアメリカ人はエンターテイナーだなぁと関心させられまくりです。何をやるにしてもちゃんとユーモアがあって表現豊かで。

それはさておき、たったひとりで見に来てくれたろっすぃ。知り合いもおらずさみしかったことでしょう。ありがとう。



*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon.Thank you for your vote!
 写真Blogはこちら→
 fotologueはこちら→
【2008/12/15 00:34 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(0) | トラックバック(0) |
クリスマス・ミサ
 教会の中。とても広くて綺麗。(撮影byろっすぃ)


11月ごろから毎週日曜の朝の礼拝でも歌うようになりました。
日曜日に早起きするのはいやだなんて始める前は思っていたけど、すがすがしくて慣れるとなかなかいいものだと最近は思います。そうでもしないとだらだら布団に篭ってしまうし。。特に冬は。
クワイヤーのメンバーは、20年とか30年とか、ほとんどの人がすごく長く所属しているのだそうです。中には子供の頃から参加していて(子供の合唱隊も別にあります)今はおばあちゃんなんていう人もいます。つまりみんな家族のようなものだそうです。
そんなわけで、短期滞在者の私は仲間に入れてもらえただけでもありがたいので細かいことはあれこれ考えず楽しくのほほんとやっていくことにしました。


 この時期はなにかとイベントが続きます。

*Ranking にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ ←Please click on an icon  Thank you for your vote!
【2008/12/14 03:39 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(2) | トラックバック(0) |
教会クワイヤーとちょっとした悩み
教会のクワイヤー(コーラス)にはいりました。
→続きを読む ・・・more
【2008/10/18 06:03 】
| ∟クワイヤー(聖歌隊) | コメント(8) | トラックバック(0) |
| Home |