キャンプ場一覧
1-P1050535_cr.jpg


・出会いの森キャンプ場 2018/6/2〜3 ※記事作成中 ホタルの乱舞!
・グリーンパーク吹割 2018/5/3〜5 ※記事作成中 不思議なファイヤーダンサーと遭遇
・本栖湖レークサイドキャンプ場 2018/4/29〜30 ※記事作成中 まさかの予約不備?!
・有野実苑 2018/4/14〜15 ※記事作成中 暴風予報で80組キャンセル?!そしてキャンピングカーデビュー!!
稲ヶ崎キャプ場 2017/11/25〜26
神之川キャンプ場 2017/11/18〜19
・メープル那須 2017/11/3〜5 ※記事作成中
・キャンプin海山(三重県) 2017/8/23〜27 ※記事作成中
バウワーハウス オートキャンプ場 二回目 2017/7/29〜30
無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場 2017/7/15〜17
ボスコ オートキャンプ場 2017/6/24〜25
わらび平森林公園キャンプ場 2017/5/5〜7

・モビリティパーク 二回目 2016/11/19〜20
竜洋海浜公園オートキャンプ場 2016/11/3〜5
山伏オートキャンプ場 2016/10/15〜16
ACNオートリゾートパーク ビッグランド 2016/7/16〜18
ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場 2016/6/25〜26
バウワーハウス 西丹沢 2016/6/11〜12
山遭の里 埼玉県 2016/5/4〜5
星の降る森 群馬県 2016/4/23〜24
千葉イレブンオートキャンプ場 二回目 2016/4/2〜3

べるが尾白の森キャンプ場 2015/11/21〜23
・成田ゆめ牧場 四回目 2015/11/7〜8
キャンプラビット 2015/10/3〜4
・キャンプ・アンド・キャビンズ那須 2015/9/4〜6
北軽井沢 スウィートグラス 2015/7/18〜20
ACN赤城山オートキャンプ場 2015/7/4〜5
キャンピカ明野ふれあいの里 2015/5/30〜31
千葉イレブンオートキャンプ場 2015/5/16〜17
カントリーベア 裾野 2015/4/18〜19
成田ゆめ牧場 三回目 2015/4/4〜5

・成田ゆめ牧場 二回目 2014/11/23〜24
伊豆 モビリティパーク 2014/11/1〜3
成田ゆめ牧場 一回目 2014/10/12〜13
キャンピカ富士ぐりんぱ 2014/9/20〜21

子連れファミリーにありがたい高規格なキャンプ場が多いです。
便座がHOTな水洗洋式トイレ、お湯の出る炊事場、ゴミは持ち帰り無し、などなど。
スポンサーサイト
【2018/06/07 20:18 】
| ∟訪れたキャンプ場一覧 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2018スキー
今シーズンのスキー振り返り。
またもやチェーンが切れたり、車の窓開けたまま一晩過ごしてしまいシートに雪が積もっていたりと色々ありました。

■2018/1/5〜7 志賀高原  高天ケ原高原ホテル 二家族

広大な志賀高原スキー場。なにしろ18のスキー場からなるそうで。
子供たちがそんなに滑れない頃にくるのはもったいないと避けていたけれど、上2人7歳&下2人5歳となった今年ならいけるはず。

結果、お天気がよかったこともあってかなり楽しめました。

高天ケ原から、一の瀬、焼額、奥志賀まで、もうリフトもコースも多すぎていちいち忘れてしまいましたが、子供たちは木々の間を滑れるタンネと、ゴンドラのある焼額山を気に入っていた気がします。
そしてなにより空いています。
最高の雪質でしかも三連休なのにこんなに空いていして、温泉ももちろんよく、数年ぶりの志賀、やみつきになりそうです。ちょっと遠いのが難点だけどそれを上回ってしまうかも。
1-DSCN0309.jpg
 最高のゲレンデ 4人でどんどんいっちゃう↑
→続きを読む ・・・more
【2018/03/22 00:06 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
スキー:水上宝台樹
年末年始、仕事が入るかもしれないというろっしー。
なので今年の冬休みは旅行の予約はしていなかったけれど、どうやらいけることになり、一泊スキーにいくことに。
抑えられた宿は群馬県水上、龍洞 源泉掛け流し 湯巡りテーマパーク(http://www.ryuudou.com/)というところ。
水上高原スキー場、水上宝台樹の方面です。

今月は息子たちと自分自身もインフルエンザやら重い風邪にやられてリカバリーしきれておらず、スキー<温泉の気分。
なんならスキーなしの温泉と美味しいゴハンだけでいいんだけど、と軽く訴えてみたが、子供たちもろっしーもスキースキー言うし、今年は雪も豊富だし、これは滑るしかないか。
→続きを読む ・・・more
【2017/12/31 16:05 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
稲ヶ崎キャプ場
2017/11/25〜26
今シーズンのキャンプ収めは、千葉県 稲ヶ崎キャプ場 へ。
三家族、6名ですが、子供たちはキャンプ場でお友達が出来たようで、子供9人くらいで遊んでました。

DSCN0250.jpg
君津市は、キャンプ場が結構たくさんありますね。(クリックで拡大)

公営のキャンプ場なのでお手頃価格。サイトはほぼ埋まっていました。炊事場は給湯はありませんが清潔でトイレもきれいでした。
チェックインは事前℡で聞いたところ12時にしてもらえました。チェックアウトは11時。(HPでは10時ですが)
DSCN0249.jpg
サイトは、滑り台のすぐ近く。子供たちはほぼずーーーーーっとこの滑り台で遊んでいました。
お尻にしくソリも受付で貸してもらえましたよ。
1-DSCN0230.jpg

朝はホットドッグ、夜はHさん特大のお鍋でモツ鍋&ラーメンと焼肉。今回はみんな食欲旺盛。鍋のあとにもかかわらずがっつりお肉完食しました。

お天気は快晴。このメンバーでは初めてかも知れません。
でも、夜露がすごかった!湖の近くだから?千葉だから??
まるで雨でも降ったかのように、朝は全てのものがびしょびしょでした。
朝食後はひなたに全部もちだして乾燥に勤しみ、なんとかテントも乾燥撤収でました。
今回も楽しいキャンプをありがとう!

おしまい
【2017/11/25 12:24 】
| キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
神之川キャンプ場
2017年11月18〜19日 三家族で神奈川県 神之川キャンプ場 へ行ってきました。

1-DSCN0209.jpg 紅葉がきれい
→続きを読む ・・・more
【2017/11/19 22:22 】
| キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:キャンプinn海山 三重県
2017/8/23(水)〜27(日) 4泊5日

は〜るばる〜 きたぜ三重へ〜
夏休みの家族旅行。
今年はなんとなく三重県に行ってみようということになりました。
三重をいろいろ調べているころ、以前雑誌で見かけていつか行ってみたいなと思っていたキャンプ場が、なんと三重県じゃい。
そんなわけで、テント積んで三重まで車でキャンプに行く事にしました。
そこは、キャンプinn海山というところ。
なんだか美味しそうだし楽しそうだし、夏休みにうってつけでしょ。

8月23日
仕事を早帰りしてくれたろっしー。割とスムーズに積み込みを終え夕方出発。
一気に三重県紀北町へ行くのではなく、途中四日市で一泊することに。
夜時間も遅いので道は順調。0時少し前に四日市市APOA HOTELにチェックイン。とりあえず明日に向け眠ります。

8月24日
工業地帯の風景を眺めつつ、伊勢自動車道−紀勢自動車道へ。
途中、紀伊長島ICと海山ICとの間にある、始神テラスというちょっといいかんじのPAでランチにしました。
三重県名物サンマ寿司、美味しかった〜

さて、今回の旅、観光よりも三重のきれいな川と海でたくさん遊ぶ事が第一の目的。
じゃあまず海から、ということで、キャンプ場に向う前に、和具の浜という海水浴場に行きました。

すごくきれい。
湾なので波はまったくなくておだやかです。
そしてさすが平日、ガラガラ。ここが本当に人気の浜辺なのかと疑うくらい。
水着に着替えて海に駆け込むと、川の水とは違ってほどよくぬるく本当にきもちよかったです。
よくみると白い魚が足下にたくさん泳いでいて、少し沖にいくと足は届かないくらいの深さになり、岩場にはカラフルな魚がたくさんいます。
南国めいていて、でも景色は日本的で、とってもいい浜辺でした。
シャワーも無料です。

1-P1060021.jpg

海にくると食べたくなるのはもちろんお刺身!
安くて新鮮なお魚がたくさんあるはずと期待してスーパーへ行ってみましたが、思いのほか品薄でお値段も東京とあまりかわらず。
でも、散々遊んで既に夕刻、今回のキャンプはノー包丁を決めており調理をするつもりは一切なかったので、刺身、枝豆、などなど仕入れてきました。
そして待望のチェックイン。やっとこれたね。

リバーオートサイト、目の前の川を眺めつつ、夜の宴開始です。
1-P1060037.jpg

昼間は夏らしく暑さですが夜は涼しく全く寝苦しくありませんでした。ちょうどよい。

8月25日
1-P1060046.jpg
本日も晴天!こんな風に外でいただく朝食は最高です。

そして昨日の海遊びに続いて今日は川遊び。
日本有数の透明度を誇る銚子川の魚飛渓というところへ行きます。
魚飛渓や川遊びについてはこちらに詳しく載っています。→http://camp-inn-miyama.com/activity/outside/choshi-river/

ライフジャケットはキャンプ場でレンタルできます。
車でしばし上流の方へ走ると、路駐がちらほら見えてきて、だいたいその辺が魚飛渓です。(ざっくり)
これといって看板があるわけではないので、川に降りるラインなども勘をたよりに。
そして行き着いた川のお水は冷たい!けどきれい!お魚もたくさんいます。

1-P1060069.jpg

1-P1060054.jpg

浅いところ、深くておだやかなところ、いろんな遊び方ができて、
1-P1060060.jpg

なかでも極めつけは天然の滑り台!
1-由磨滑り台

大人でも躊躇するようなもっとはげしい滑り台や高飛び込み、などもありましたよ。

午前中いっぱい魚飛渓を楽しんで、一旦サイトに戻ります。
お昼は、、、何食べたっけなー すぐにブログ書かないとほんと忘れてしまいます。
なにはともあれ午後は、世界遺産の鬼ヶ城(おにがじょう)へ行ってみる事に。
地図の海沿いオレンジの道です。WCのところに熊野市鬼ヶ城センター複合施設建というビジターセンターがあり、お土産等も売っています。
ここからスタートと書いてあるとこからここまでというところまで海岸沿いを約1キロ。
奇形岩々、目前の海、迫力満点です。
1-map01 のコピー
1-P1060084.jpg

1-P1060093.jpg

岩肌に沿って登ったり下ったり。
結構ハードで、最後までいくか、ある程度みて引き返すか迷ったのですが、スタート地点のビジターセンターがそこそこ立派だったので、ゴール地点にもなにかしらあるだろうと踏んで、ひたすら進んでみることにしました。
それが選択ミスでした。。
この日は猛暑日で35度くらい。カンカン照りの快晴。
ちょっと車から降りて散策、くらいの気分だったので、飲み水も持っていませでした。
歩けど歩けどゴールは見えず、もはや引き返しても同じくらいかかるし、子供たちは探検気分で疲れたとぼやきつつ楽しんでるからなんとかなりそうだし、と悩みつつやっと到着した終着点は・・・


 な に も な い ・・・ 


ビジターセンターはおろか、トイレも、自動販売機も、ちょっと休めるお店も、なにもなく、
子供たちも私も暑さでへろへろ、喉もカラカラ状態。
こんな道端で熱射病になったりでもしたらかなわんと、人様の軒先の日陰をお借りして縁石に腰を下ろしました。
さて。こんなとき頼りになるのが父さん。
「ちみたちはここで待ってなさい。車を取ってくるから。」と。
地図にある、鬼ケ城トンネルを通れば、ショートカットしてスタート地点に戻れると思うでしょ。
しかーし 無情にもトンネルは「歩行者立ち入り禁止」の看板。
結局海沿いの崖をもどるか、地図北側から回り道するか。いずれにせよかなりの時間がかかります。
私は子供たちとなにもないところでずーっとしゃがみ込みただひたすら待ちました。
たまに通りかかる地元民には不思議な目を向けられ、曖昧に微笑み合ったりして。み、水を・・・

とにかく。
やっと車で戻ってきてくれて、冷房のきいた車内に乗り込んで、水分を補給できたときの嬉しさったら。あーよかった。


8月26日
今日はキャンプ場をチェックアウトする日。
この日も猛暑だったので、サイト目の前でたくさん泳ぎました。
流れはわずかにあり、川の中央は足が届かないくらいの深さですが、天然の透明プールみたいで浮かんでいるだけで気持ちよかったです。
1-P1060107.jpg

キャンプ場、『キャンプinn海山』は予想通りとっても素敵なキャンプ場でした!
東京からはるばる来てよかった!!!

今晩は浜松に泊まります。
移動がてら、志摩マリンランドへ。
土日も割と空いているそうで、マンボウがいたり、海女さんの餌付けショーがあったり、エイやサメやヒトデなどに触れるタッチプールがあったり、規模はそんなに大きくないけれど、小さな子供が喜ぶ水族館です。

志摩マリンランド近くのどこかの(忘れた(><))展望台からの眺め。
1-P1060146.jpg

三重をあとにし、都会へ戻ります。
浜松の宿は夜ねるだけなので、ビジネスホテルHotel Day by Day
夜はアルコールが自由に飲めて、朝食もついて、室内清潔で、あたりハズレの多いビジネスホテルの中ではとてもいいホテルでした。

8月27日(日)
東京まであと一歩の浜松まできたのですが、名古屋に住むお友達一家と会える事になったので名古屋へ♪
ロサンゼルス時代の友人で、美味しいウナギを一緒に食べました。
そして一緒にリニア鉄道館へ。
ここでもう一組、ロサンゼルス時代のお友達が来てくれました。
さらに、帰省中だった幼稚園のお友達一家にもばったり遭遇。嬉しい事続きです。

1-P1060166-001.jpg
電車大好きな息子たちにとっては、自然遊びとはまた違ったいい想い出ができました。

みんなと別れた頃にはもう日も沈み。
夕飯は、往路で観覧車が見えて気になっていた伊勢湾岸自動車道の刈谷ハイウェイオアシスへ行ってみました。
するとさっき別れた友人とまた遭遇(笑)
一緒にゴハンをたべました。

東京に戻ったのは夜中。
最後の最後までたくさん遊んで、やりきった感満載のキャンプ旅でした。

おしまい
【2017/08/24 19:32 】
| キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:バウワーハウス
2017/7/29〜30
2度目となるバウワーハウスへ、幼稚園の友だち三家族と。
今回またもや曇り〜雨模様。
でも子供たちは早速川遊び。やっぱり冷たい!
IMG_2608.jpg

今回はY家がNewテント『ノルディスク アスガルド』を初張り。かっこいい(❤´◡`❤)
河原の地面が固いのでペグ打ちに苦労しました。

さて夕食はBBQ。
焚き火台を持っているのは我が家だけなのですが、まさかの積み忘れ
幸い、K家がポータブルBBQマシーン(正式名称がわかりません)を持参してくれていたので、火がなくて生肉食らうしかないという事態は避けられました。

たくさんたべて、たくさん飲んで、一人、ふたりと消えてゆき・・・そんないつもの楽しいキャンプの夜。
焚き火はなくても楽しいさ!

翌日は撤収前にスイカ割り〜。
特に計画していなかったのに、両家ともスイカを持参してくれて感謝です。さらに金属バッドまで。
帰りは、ぶなの湯という温泉に立ち寄りました。
ここの前の川がまた、楽しそうだった。深くて泳げる系だし、冷えたら温泉に入れるしね。こんど来てみよう。

おしまい
【2017/07/30 21:52 】
| キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
DIY:壁を塗り壁にしてみる
夏休みの目標、部屋の模様替え。
上の子が小学生となり子供たちに二段ベッドを購入することにしました。
それにともない部屋の割り振りや家具の配置を検討したり、もともと始めたかったDIYにを手をつけ始めてみることにしました。
→続きを読む ・・・more
【2017/07/23 19:59 】
| DIY | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:カンパーニャ嬬恋
2017/7/15〜17
海の日の三連休。
かねてから行ってみたかったけれど遠くて一泊ではなかなかいけなかった無印良品カンパーニャ嬬恋へ。
ここは予約取るの大変でした。
開始日開始時間同時にオンラインに挑んでも瞬時に埋まってゆくサイト。二家族並びで取りたかったのでAちゃんと電話連絡を取りながらポチと更新を繰り返し・・・片方取れたかと思えば片方抑えられずかと思うとふっとまた空いたりして、その繰り返しでなんとかとれたふた並びのサイトでした。
G04、G05。サニタリー棟にも近く、景色も開けていてよいかんじでした。

3連休初日(土)うちの長男は学校もあり、連休初日とあった渋滞もひどかったようで、なんだかんだ二家族とも到着は夕方でした。最終チェックインは18時だったのですが、結構ギリギリ

途中草津あたりで大雨に降られましたがキャンプ場は小雨程度でした。

子供たちはいつもまにか木の下に基地を設営。
ランタンをぶらさげたりテーブルをもちこんだり、ご飯もここで食べたりして。^^
IMG_2545.jpg

初日はブイヤベース。

二日目。朝食にホットケーキ。ナショナル麻布で見つけたすぐれものが、アメリカの牛乳の入れ物みたいなもの(蓋と取ってがついている紙パックじゃない容器)にホットケーキの粉が入っていて、そこに牛乳を入れてシェイクしてフライパンに注げば焼けるもの。ボールもいらないし便利〜。ヨーグルト、ベリーソース、果物を添えて。
バラキ湖近くの温泉までお散歩。道脇にいろんな植物が生えていて楽しいお散歩でした。
そこでお昼もうすませ、キャンプ場に戻ってからは広場で、バドミントンやフリスビーやボール遊びを満喫。
運動っていいなぁ。
ところが途中から大雨。
タープの下でまったりしつつ夜ご飯の準備。子供たちは黄色い花を摘んで色水遊びに夢中。
夕食メニューはローストビーフ、野菜のバーニャカウダ、じゃこご飯。

最終日の朝はお餅ピザ。
撤収後は、星のや軽井沢に寄って、お散歩して遊んで、温泉入って、満喫して帰りました。

ところで今回のカンパーニャ嬬恋もブヨ、いました。(><)
そして、軽井沢にも。
ブヨ対策必須です。
【2017/07/15 21:52 】
| キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:ボスコ
2017/6/24〜25
四家族で、ボスコ オートキャンプベースへ。
一時間半くらいで到着できる近さです。
旅において距離はあまり気にしないけれど、やっぱり近いってとてつもなく楽なんだなと改めて実感。

雨予報でしたが一日目の天気はくもりのまま。
子供たちは早速川遊び。川は浸かれるような川ではなく大きな石がごろごろしている系でした。
予想通り、かなり冷たい。

事前情報でここ丹沢はヒル(山ビル)が多く出るとのことを聞いていたのでかなりおびえていました。
靴や靴下の中にも知らぬうちに入り込むとか、木の上から頭に降ってきて頭皮からも血を吸われるとか。
普通なら長袖長ズボン必須ですが、逆に短パンサンダルで挑んでみました。w( ̄o ̄)w
結局、自分は吸われる事なく、何名か被害にあったけれど、思ったより小さくて思ったよりは気持ち悪くもないかも。
でも、血を吸ったヒルは繁殖をし、どんどん増えてしまうのでかならず始末すること、と書いてあったので、持参した塩で悪霊退散!!


夜のメニューは、アヒージョ、シンガポールライス、ジンギスカン。どれもかなり美味しく、いつもながら奥様方のマメさに感謝です。

6月後半、都内は寒くもないのでその勢いで少しでも荷物を減らすべく寝袋を持ってきませんでした。
さすがにそれは失敗。寒かった。
そして、酔っていた時にいつの間にか足くじいていたらしく、夜寝ていたらすっっっっっごい痛みだして。
眠れないくらい。足を少しでも動かすとずきんずきん。
仕方なく、持参していた解熱鎮痛剤を飲み、おかげで少し眠れましたが、この日は寝た気がしなかった。

夜から雨。予報通り。
雨の中、なんとか小ぶりのタイミングを見計らって撤収作業。
完了したころに雨ピタリとやむ。。。
もう少し待てば良かった。

でも今回もとてもたのしいキャンプでした!

おしまい。
【2017/06/25 22:23 】
| キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
川場合宿
2017/6/3〜4
世田谷区民健康村 なかのビレッジ へ 
昔の合宿仲間なので、自然と旅行ではなく合宿となりました。
四家族の予定が一家族参加できなくなってしまい、三家族で。
【2017/06/03 22:19 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
DIY:キャンプ用カトラリーケース
以前から欲しかった、キャンプでのカトラリーケースを作りました。
IMG_2491.jpg


→続きを読む ・・・more
【2017/05/20 19:43 】
| DIY | コメント(0) | トラックバック(0) |
キャンプ:わらび平森林公園キャンプ場
2017/5/5(金)〜7(日)

今年のGWキャンプはいつもの二家族で群馬県のわらび平森林公園キャンプ場
それぞれ上の子は小学生となり、土曜も授業があるので貴重な連休の二泊キャンプです。
小学校、完全週休2日制にしてほしいわ。。
→続きを読む ・・・more
【2017/05/07 22:55 】
| キャンプ | コメント(0) | トラックバック(0) |
最近の記事は・・・
最近は

幼児連れでキャンプ、
幼児連れでスキー、旅行、

などの記事が中心です。
【2017/04/07 17:34 】
| このBLOGについて | コメント(0) | トラックバック(0) |
2017スキー:車山高原
夏も冬もお気に入りの車山高原。
スキーでのランチの席探しは結構大変だったりするけれど、ここはお店の人が空席を待ち客に順に割り振ってくれるのが高ポイント。
tops360
SKY JETER
【2017/02/26 23:13 】
| 旅:日本国内 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| Home | 前ページ